脂漏性皮膚炎の原因と対策方法

MENU

脂漏性皮膚炎ってどんな症状?薄毛の原因になるって本当?

脂漏性皮膚炎というのは、
頭皮から分泌される皮脂の量が多くなりすぎてしまい
引き起こされる皮膚炎のことを指しています。

 

脂漏性皮膚炎とは?原因と症状から自宅ケア・治療法について

 

脂漏性皮膚炎になることによって、
頭皮トラブルは勿論の事、
髪の毛にも大きな影響を与えることになります。

 

炎症が悪化したり、薄毛の大きな原因にもなりますので、
脂漏性皮膚炎になった場合にはすぐに治療しなければいけません。

 

今回は、脂漏性皮膚炎について詳しく紹介していきます。

このページの目次

『脂漏性皮膚炎って一体なに?』

上記でも少し説明しましたが、
脂漏性皮膚炎は頭皮の皮脂の過剰分泌によるもので、

 

さらに詳しくお話しすると、
マラセチア菌というカビの一種がその皮脂をエサに、
頭皮に繁殖することで脂漏性皮膚炎を発症してしまいます。

 

「えっ自分の頭皮にカビがいるなんて」
と思われるかも知れませんが落ち着いてください。

 

脂漏性皮膚炎とは?原因と症状から自宅ケア・治療法について

 

マラセチア菌というのは誰もが持っている常在菌ですので、
脂漏性皮膚炎を発症したからといって落ち込む事はありません。
脂漏性皮膚炎は誰しもが発症する可能性のある病気です。

 

皮脂が過剰分泌してしまう原因とは』

脂漏性皮膚炎になってしまう原因というのは、
主にこれらの要素が考えられます。

  • 脂肪分の多い食生活をしている
  • 睡眠時間や生活習慣が乱れている
  • ストレスを抱えていることが多い
  • ホルモンバランスの乱れ
  • シャンプー剤が自分の頭皮に合っていない

このようなことが考えられます。

 

生活習慣の乱れ

食生活、睡眠、ストレスなど、
生活習慣の乱れも脂漏性皮膚炎に関係します。

 

特に、脂肪分の多い食生活の方は要注意です。

 

健康的な生活をすることによって
脂漏性皮膚炎が発症するリスクを抑える事ができます。

 

ホルモンバランスの乱れ

脂漏性皮膚炎とは?原因と症状から自宅ケア・治療法について

男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にします。

 

男性の皮脂量は女性に比べて、
2〜3倍もあるとされています。

 

さらなる加齢に伴い、
男性ホルモンが増えることで皮脂量も増えてしまいます。

 

シャンプー剤が合っていない

洗浄力の強いシャンプーも原因の一つ。

 

頭皮に必要な分の皮脂まで洗い流してしまうと、
その皮脂を補おう為、さらに皮脂を分泌してしまいます。

 

市販で売られているシャンプーは洗浄力が強い為、
「頭皮が脂っぽい」と感じている人程、
アミノ酸系の洗浄力の弱いシャンプーに切り替えましょう。

 

『脂漏性皮膚炎の症状と治し方』

脂漏性皮膚炎の症状としては、
一般的に、頭皮に湿疹や発疹が出来てしまい、
常に頭皮が皮脂によってベタついているということが特徴的です。

 

 

脂漏性皮膚炎とは?原因と症状から自宅ケア・治療法について

 

また、皮脂の分泌量が増えてしまうことによって毛穴が塞がってしまい、
抜け毛の促進や、髪の成長が阻害されることになります。

 

「フケが多くなったり、髪がべたつく」
「頭皮にニキビの様な物ができはじめた」

 

このような初期症状が現れた場合、すぐに治療するようにして下さい。

 

治し方について

上記でも対策方法としては、
生活習慣の見直し、シャンプーの見直しなど挙げましたが、
それはあくまで予防対策でしかない事を覚えておきましょう。

 

脂漏性皮膚炎というのは
自己ケアのみで完治させることは非常に難しいとされています。

 

まず脂漏性皮膚炎になった場合は
直ちに専門のクリニックや皮膚科を受診する事を強くお勧めします。

 

 

 

病院で処方されるお薬としては、
マラセチア菌を抑える抗真菌薬やステロイド剤などの外用薬、
抗ヒスタミン剤やビタミン剤などの内服薬があります。

 

そのお薬と同時に自宅ケアもシッカリすることが、
脂漏性皮膚炎の完治までの近道になりますよ。