驚き!スマホがハゲの原因!?

MENU
スマホが薄毛を悪化させるって本当ですか?

スマホの使用が薄毛を悪化させると聞いた事があります。
スマホと薄毛にはどんな関係があるのでしょうか?

 

本当にスマホを使用すると禿げになってしまうのでしょうか?

 

薄毛リスクが高まるのは事実です

 

スマホを毎日のように長時間使用している人は、
それだけでも薄毛リスクが高いと言えます。

 

スマホは薄毛を悪化させるって本当?

 

なぜスマホで薄毛リスクが高まるのかというと、
以下のような理由が挙げられます。

 

  • スマホ操作時に「前かがみで顎を突き出す姿勢」になりやすく、

    それがストレートネックという、頸椎の角度異常を招く。

  • 頸椎の湾曲が不自然なストレートネックは、

    頭部への血行不良を引き起こす。

  • 眼精疲労も血行不良を招く。
  • 眼精疲労がひどいと、毛髪のケラチンを合成するのに不可欠な物質「システイン」が

    眼精疲労回復のために優先的に使われてしまい、毛根に十分な量が行き渡らない。

 

スマホによる薄毛リスクの軽減方法

そんなスマホによる薄毛リスクを少しでも軽減するためには、
以下のような工夫をしてみるといいでしょう。

 

 

  • スマホ操作時は、画面をなるべく目の高さに近い位置に持ってくる。
  • ずっと画面を見続けたりせず、途中で数分だけでも休憩を入れて目を休ませる。
  • できれば、首のストレッチや頭部マッサージなどを適宜実施してほぐす。
  • ダラダラとスマホをいじり続けるのは禁物。必要最低限の使用に留めるよう心がける。

 

スマホによる薄毛リスクまとめ

現代人にとってスマホは欠かせないアイテムの一つ。
日常生活には無くてはならない存在です。

 

薄毛のリスクがあるからといって、
スマホの使用をやめるなんてのは到底無理な話です。

 

だからこそ、
「スマホを利用するときは少しでも意識する」
という事を念頭に入れて使用しましょう。

 

 

また、勘違いしてはいけないのは、
スマホを使用するからといって禿げる訳ではありません。

 

それだと現代人の男性は皆薄毛になってしまいますからね。

 

あくまでスマホの使用頻度や使い方次第では、
薄毛のリスクが発生してしまうという事を覚えておきましょう。