薄毛人口の最も多い年代「壮年性脱毛症」

MENU

働き盛りの30代・40代・50代を襲う壮年性脱毛症!その原因と対策を考える

 

 

早ければ10代から薄毛が気になる人もいるようですが、
多くの人が「毛が薄くなってきた」と感じ始めるのが、
30代〜50代であるようです。

 

この最も一般的な時期の薄毛は、「壮年性脱毛症」と呼ばれます。

 

脱毛症にはさまざまな種類がありますが、
壮年性脱毛症は男性型脱毛症(AGA)とは違うものなのか、
それとも同じものなのか、ご存知でしょうか?

 

また壮年性脱毛症の対策はどうしたらいいのでしょうか?
今回は、働き盛りの30代〜50代を襲う壮年性脱毛に付いて考えてみましょう。

 

 

壮年性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)の関係

壮年性脱毛症は30代〜50代くらいで起きてくる脱毛症全般のことを指し、
そのほとんどの原因は男性型脱毛症(AGA)になります。

 

AGA以外の要因も多い若齢性脱毛症(いわゆる若はげ)や、
細胞の老化が原因で起こる老齢性脱毛症と区別するために、
壮年性脱毛症という名前が付いています。

 

AGAの一種であるため、
壮年性脱毛症はジヒドロテストステロン(DHT)の影響による薄毛になります。
そのため、壮年性脱毛症の症状も基本的にはAGAと同じだと思ってもらっていいでしょう。

 

壮年性脱毛症の対策のポイント

壮年性脱毛症は、AGAの一種であるため、
発症するかどうかはある程度遺伝によって決まっています。

 

しかし、壮年性脱毛症の進行には環境要因も強く影響しており、
その対策をすることで進行を遅らせることは可能です。

 

以下に壮年性脱毛症の対策のポイントを3つご紹介します。

 

太っている人は注意!メタボ対策

 

 

特に壮年期には、壮年性脱毛症と同時に
メタボリックシンドロームを発症する人が少なくありません。

 

メタボリックシンドロームは頭皮の血行の悪化や
毛穴の皮脂つまりなどを起こし、AGAを進行させる大きな要因となります。

 

メタボリックシンドロームは
さまざまな慢性病を引き起こす可能性のある危険をはらんでいます。

 

ダイエットなどのメタボ対策をすることは、
全身的な健康だけでなく、壮年性脱毛症対策にも大切になってきます。

 

忙しくても規則正しくストレスの少ない生活を

 

 

働き盛りの30代〜50代には、ストレス、不規則な生活時間、
バランスの悪い食生活、睡眠不足など
体にとって良くない生活習慣になりがちです。

 

これらの生活習慣は、
全身の健康状態を悪化させるとともに頭皮の環境も悪化させてしまいます。

 

我々の体は、体の状態が悪いと判断すると、
生命維持に影響の少ない組織を犠牲にして生命を守ろうとします。

 

髪の毛は直接生命維持に必要のない組織であるため、
健康状態が悪化すると真っ先に犠牲にされてしまいます。

 

その結果、髪の毛を維持したり
新しい髪を作るための栄養分が頭皮に回らなくなり、薄毛が進行してしまうのです。

 

壮年性脱毛症の進行を止めるためには、働き盛りで忙しい毎日であっても、
規則正しくストレスのない生活を送るよう努力することが必要です。

 

適切な頭皮ケアの習慣を

 

 

不適切な頭皮ケアも壮年性脱毛症を進めてしまう要因の一つです。

 

シャンプーの間違った方法、
夜お風呂に入らずに寝る習慣、整髪料の付けすぎ、
帽子による頭皮の蒸れなどはすべて頭皮環境を悪化させる要因です。

 

頭皮環境が悪化するとヘアサイクルのうち、成長期が短縮し、
休止期が延長するなどAGAがどんどん進行してしまいます。

 

適切な頭皮ケアの方法を覚えて実践することが、
壮年期脱毛症の進行を防ぐためには大切です。

 

壮年性脱毛には早期の対策が有効

壮年性脱毛症はAGAの一種であるため、
基本的には徐々に進行してきます。

 

ただし、頭皮の環境を悪化させるいくつかの要因が重なると、
数か月の間にみるみる薄くなるなど、一気に進行するケースもあります。

 

薄くなってから育毛を開始するのと比べ、
早期から壮年性脱毛の進行を抑える方が圧倒的に楽になります。

 

壮年性脱毛の兆候がある場合は、
上の3つのポイントをしっかり守って進行を抑えるようにしましょう。

 

それでも止まらない場合は、育毛剤などの薬を使うことも考えてみるのも一つですので、
皮膚科やAGAクリニックで相談してみましょう。

 

壮年性脱毛症の原因と対策【まとめ】

壮年性脱毛症はAGAで最も一般的なタイプの脱毛症であり、
男性であればだれでも発症する可能性があります。

 

遺伝的に発症しやすいのかどうかは決まっていますが、
壮年性脱毛症では頭皮環境の悪化を引き起こす生活習慣を正していくことで、
脱毛の進行を抑える努力をすることもとても有効です。

 

今回の記事を参考に、生活習慣を見直してみてくださいね。