季節ごとの育毛対策のポイント

MENU

季節ごとの髪と頭皮のお手入れ法

季節によって髪や頭皮に起こりやすいトラブルは違ってきます。
季節ごとのお手入れ法をマスターしておきましょう。

 

 

春の髪と頭皮のお手入れ法

【春夏秋冬】季節によって変わる育毛対策のポイント

 

春の髪と頭皮のお手入れ法として、
まず心がけたいのが紫外線対策です。

 

「紫外線は夏に多い」というイメージが強いのですが、
これは、日焼け・シミに大きく関わる
紫外線B波の量が夏に一気に増えるからです。

 

しかし、紫外線はB波だけではありません。

 

頭皮の奥まで届いて頭皮の肌繊維をズタズタにしてしまう紫外線A波は、
実は、春でも、夏とそれほど照射量が変わらないのです。

 

つまり、「まだ日焼けしにくい春だから」と油断していると、
紫外線A波によって頭皮がボロボロにされてしまうわけです。

 

UVカット効果のあるヘアスプレーを利用したり、
薄毛部分や髪の分け目などには日焼け止めを直接つけるようにしましょう。

 

育毛剤も、グリチルリチン酸ジカリウムや植物エキスなど、
頭皮の環境を整えて、ダメージを蓄積させないための成分が入っているものがおすすめです。

 

夏の髪と頭皮のお手入れ法

 

 

夏場は、春以上に頭皮と
髪の紫外線対策を万全にする必要があるだけでなく、
「汗・蒸れなどによる雑菌繁殖の抑制」にも気を配る必要があります。

 

そのためには、何よりも頭皮を清潔にすることが大切。
育毛シャンプーでのしっかりとした汚れ落としを心がけましょう。

 

また「ドライヤーの温風を当てると暑いから」
と自然乾燥にしたがる人もいますが、
髪が乾くまでに頭皮に雑菌が繁殖するリスクを高めるので、やめるべきです。

 

育毛剤の成分は、春と同様に、グリチルリチン酸ジカリウムや植物エキスなど、
頭皮の環境を整え、ダメージを蓄積させないための成分が入っているものを使いましょう。

 

秋の髪と頭皮のお手入れ法

【春夏秋冬】季節によって変わる育毛対策のポイント

 

秋は、夏までに受けたダメージの影響が出てくる季節で、
他の季節に比べて抜け毛が増えやすい傾向があります。

 

傷み、疲れた頭皮を早く回復させるために、
ミノキシジルやセンブリエキス・M-034・ピディオキシジルなど

 

血行促進作用や毛母細胞活性化作用がある成分
が配合された育毛剤をいつもよりしっかりと浸透させて、
成分のパワーをより生かすことを心がけましょう。

 

さらに、頭皮マッサージやツボ刺激などのケアも加えていくといいでしょう。

 

冬の髪と頭皮のお手入れ法

【春夏秋冬】季節によって変わる育毛対策のポイント

 

冬は、寒さによって血管が収縮し、血行が悪くなりやすいという
デメリットがあるだけでなく、頭皮の乾燥も気になる季節です。

 

頭皮の必要なうるおいまで奪ってしまわないよう、
シャンプー時のゴシゴシ洗いは禁物です。
入浴時は湯船に浸かって体を芯から温め、
血管拡張および頭皮の汚れを柔らかくする、という
ダブルのメリットを得られるようにしましょう。

 

育毛剤は、血行促進成分だけでなく
保湿性のある植物エキスなども配合されたものを使うのがおすすめです。

 

こうして見ると、すべての季節に対応できる育毛剤は、

 

血行促進成分
毛母細胞活性化成分
保湿成分
頭皮の環境を整える成分

 

の4つの条件が揃っている育毛剤、ということになります。

 

さらにできることなら、男性ならではの薄毛・AGAに対応するため、
ヒオウギ抽出液・オウゴンエキス・アカツメクサエキスなどの
DHT合成抑制に役立つ成分が入っていればより理想的です。

 

まとめ

 

・季節によって、頭皮や髪に起こりやすいトラブルの違いがある
・育毛剤は「血行促進成分」「毛母細胞活性化成分」「保湿成分」「頭皮の環境を整える成分」
 が揃ったものを選ぶと全シーズンで使える

 

〈春〉

・紫外線対策を始める。
・グリチルリチン酸ジカリウムや植物エキスなど頭皮環境を整える成分が入った育毛剤がおすすめ。

 

〈夏〉

・紫外線対策をさらに徹底する。
・汗・蒸れなどによる雑菌繁殖の抑制を心がける。
・グリチルリチン酸ジカリウムや植物エキスなどが入った育毛剤がおすすめ。

 

〈秋〉

・夏のダメージが抜け毛として出やすい季節。
・ミノキシジルやセンブリエキス・M-034・ピディオキシジルなど
 血行促進作用や毛母細胞活性化作用がある成分が配合された育毛剤がおすすめ。

 

〈冬〉

・血行不良や頭皮の乾燥に注意。
・血行促進成分だけでなく保湿性のある植物エキスなども配合された育毛剤がおすすめ。

 

>>今選ばれている人気の育毛剤ランキングはこちらから<<