テストステロンとは?

MENU

男性ホルモンと薄毛の関係|テストステロンとは一体?

薄毛に関係のある、テストステロンと呼ばれる
我々の体内にある物質について詳しく解説します。

 

テストステロンと薄毛の関係性を知りたい方は必見です。

 

そもそもテストステロンって何?

 

男性ホルモンの一つである

 

テストステロンは、主に睾丸から分泌されている男性ホルモンです。
男性にとっては欠かせない役割を持っているホルモンであり、身体に大きな影響を与えています。

 

【テストステロンの主な働き】
・筋肉の増強
・ヒゲなどの体毛といった男性的な特徴の生成
・生殖機能
・糖尿病や肥満を抑える
・記憶力をアップさせる
・寿命を延長させる(血管を健康にする、など)

 

テストステロンには、男性にとって必要不可欠なホルモンです。
睾丸から一生にわたって分泌されるものであり、身体に影響を与え続けます。

 

 

そうだったのか!テストステロンと薄毛の関係性

 

AGAの発症に関わる物質である

 

AGAはテストステロンと5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合することによってできる、
DHTという物質によって引き起こされることが分かっています。

 

テストステロンは、薄毛に影響を与えているのです。

 

テストステロンの量が減れば薄毛は治るのか?

 

確かに、女性には一般的にAGAは発症しません。
その理由は、睾丸がないのでテストステロンが分泌されていないからです。
しかし、テストステロンは薄毛の直接原因ではありません。

 

そもそも男性には一定以上のテストステロンは必ずあります。
その量が多かろうが少なかろうと男性型脱毛症は発症してしまうのです。

 

AGAが発症する主な原因物質は5αリダクターゼです。
5αリダクターゼがテストステロンと結合しやすいか、
それとも結合しにくいかでAGAになるかならないかが決定します。

 

テストステロンが少ない方であっても男性であれば、
5αリダクターゼの活性度合いによっては薄毛になってしまうのです。

 

男性が睾丸を切除したらAGAは治るのか?

 

薄毛の進行はストップします。

 

以前に行われた調査で、睾丸を摘出した男性の中で

 

薄毛は発症していた人であっても、
摘出後は薄毛の進行がストップして髪の毛が維持された例がありました。

 

そして進行がストップした男性に男性ホルモンを投与したところ、
再度、薄くなり始めたのです。睾丸を摘出することでテストステロンが分泌されなくなり、
薄毛の進行が止まったと結論づけられました。

 

 

ただ、睾丸を取ってまで薄毛を治したいでしょうか。
子作りもできなくなりますし、あまりにリスクが大きいですよね。
AGA対策はテストステロン対策をするのではなく、5αリダクターゼ対策をすべきです。