テストステロンとは?

MENU

男性ホルモンと薄毛の関係|テストステロンとは一体?

 

 

「最近髪の毛が少なくなってきた」、
「最近どうも意欲が沸かない」、そんな男性はいらっしゃいませんか?

 

皆さんがお悩みのその問題は、
「テストステロン」に原因があるといっても過言ではありません。

 

ではそのテストステロンがどのように皆さんの身体に作用しているのか、
そもそもテストステロンとは何なのか…。

 

今回はそんな疑問を解決させていただきます。

 

薄毛に関係のある、テストステロンと呼ばれる
我々の体内にある物質について詳しく解説します。

 

テストステロンと薄毛の関係性を知りたい方は必見です。

 

 

そもそもテストステロンって何?薄毛になる元凶!テストステロンの役割とは

テストステロンとは?|テストステロンと薄毛の関係

 

男性は加齢によってその多くの方が薄毛の症状を感じる傾向にあります。

 

その薄毛の多くは、「AGA(男性型脱毛症)」によるものである場合が多く、
最近では広く認知されるようになってきました。
AGAは特別なものではなく、数ある薄毛の種類のなかでは身近な存在といえるでしょう。

 

さて、このAGAですが原因は「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンにあります。
男性ホルモンの一種ではありますが、女性にも男性の5〜10%ほどが分泌されます。
このジヒドロテストステロンは、実は今回ご紹介しているテストステロンと同じです。

 

2つの違いは「5aリダクターゼ」の影響を受けているかいないかです。
5aリダクターゼはテストステロンに作用する酵素の一種です。

 

テストステロンは男性ホルモンの一つである

テストステロンは、主に睾丸から分泌されている男性ホルモンです。
男性にとっては欠かせない役割を持っているホルモンであり、身体に大きな影響を与えています。

 

【テストステロンの主な働き】
・筋肉の増強
・ヒゲなどの体毛といった男性的な特徴の生成
・生殖機能
・糖尿病や肥満を抑える
・記憶力をアップさせる
・寿命を延長させる(血管を健康にする、など)

 

テストステロンには、男性にとって必要不可欠なホルモンです。
睾丸から一生にわたって分泌されるものであり、身体に影響を与え続けます。

 

テストステロンとジヒドロテストステロンの違いは?

5aリダクターゼによってテストステロンは
ジヒドロテストステロンに変えられてしまうことがわかりました。

 

 

 

この2つはほぼ同義に語られることも多いです。

 

しかしより厳密にいえば、テストステロンは
テストステロン単体で薄毛を促す働きを持ちません。

 

5aリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変えられてから、
薄毛を促す効果を持つのです。

 

では、テストステロンがなんの働きも持たないかというとそうではありません。
代表的なものでいえば、人間が胎児として胎内にいる時、
大量のテストステロンを分泌する期間があります。

 

これにさらされることを「アンドロゲン・シャワー」といいます。
このアンドロゲン・シャワーによって胎児は女性的な脳を失い、男児として成長していきます。

 

また、ジヒドロテストステロンには薄毛をもたらす働きの他に
男性的な身体をつくる働きや意欲を促す働きを持ちます。

 

加齢によりジヒドロテストステロンが減少していくと、性欲や意欲の減退につながります。

 

テストステロンは増やしたり減らしたりできる?

 

 

AGAを抑えるためにはテストステロンや
ジヒドロテストステロンの働きを抑えれば良いということになります。

 

実際に服用タイプの育毛剤である『プロペシア』などが、
製品として広く流通しておりAGAに効果的だとされています。

 

ただ、副作用が出る可能性には注意が必要です。

 

ですので万が一性欲や意欲が減退している方は
・十分な睡眠をとる
・亜鉛をとる
・マグネシウムをとる

 

などの方法が一般的で、亜鉛に関しては育毛効果も期待できるということで、
育毛サプリメントである『イクオスサプリメント』などに使用されています。

 

テストステロンの量が減れば薄毛は治るのか?

 

確かに、女性には一般的にAGAは発症しません。
その理由は、睾丸がないのでテストステロンが分泌されていないからです。
しかし、テストステロンは薄毛の直接原因ではありません。

 

そもそも男性には一定以上のテストステロンは必ずあります。
その量が多かろうが少なかろうと男性型脱毛症は発症してしまうのです。

 

AGAが発症する主な原因物質は5αリダクターゼです。
5αリダクターゼがテストステロンと結合しやすいか、
それとも結合しにくいかでAGAになるかならないかが決定します。

 

テストステロンが少ない方であっても男性であれば、
5αリダクターゼの活性度合いによっては薄毛になってしまうのです。

 

男性が睾丸を切除したらAGAは治るのか?

薄毛の進行はストップします。

 

以前に行われた調査で、睾丸を摘出した男性の中で

 

薄毛は発症していた人であっても、
摘出後は薄毛の進行がストップして髪の毛が維持された例がありました。

 

そして進行がストップした男性に男性ホルモンを投与したところ、
再度、薄くなり始めたのです。睾丸を摘出することでテストステロンが分泌されなくなり、
薄毛の進行が止まったと結論づけられました。

 

ただ、睾丸を取ってまで薄毛を治したいでしょうか。
子作りもできなくなりますし、あまりにリスクが大きいですよね。
AGA対策はテストステロン対策をするのではなく、5αリダクターゼ対策をすべきです。

 

まとめ:テストステロンはジヒドロテストステロンとなって薄毛を呼ぶ

テストステロンは5aリダクターゼの働きにより、
ジヒドロテストステロンとなり、薄毛や性欲・意欲の減退を呼び覚まします。

 

テストステロンの量を上手く調整できれば、
薄毛の改善などにも繋がることは言うまでもなく、
多くの育毛剤などがテストステロンに作用することを売りにしています。

 

ただ、それぞれで違いや副作用の度合い、
その他の付加効果は違ってきますから、よく確認することを心がけましょう。