丈夫な髪を育てる健康な頭皮作り

MENU

健康的な頭皮とは?

髪が生えやすい頭皮とは?頭皮環境を整えよう!

髪は毛母細胞が血液を通してたっぷりと栄養が届くことで、
細胞分裂を起こして伸びていきます。

 

人間の成長と同じで、栄養がなければ伸びることもできません。

 

そのため、栄養を直接毛根に届け、
髪の成長を促す成分が入っている育毛剤もあります。

 

もちろんそれで髪が伸びればいいのですが、それは人間にたとえると、
食事で栄養が摂れない分を点滴で補っているようなものなのです。

 

また、いくら子供に栄養たっぷりの食事を与えていても、
汚い部屋に閉じ込められていれば、健やかには成長しませんよね。

 

髪の毛も同じで、毛根に栄養を与えさえすればいいのではなく、
育つ土台である頭皮が清潔で健康であることが大切なのです。

 

逆に言えば、抜け毛や薄毛の原因の多くは「頭皮環境の悪化」にあるということです。

頭皮環境の悪化をもたらす原因

頭皮のべたつき

皮脂には、頭皮をカバーして外部からの刺激から守る大変重要な役割があります。
しかし、何らかの要因でそのバランスが崩れると、
皮脂の分泌が過剰になり、ギトギトの肌の状態になります。

 

余分な皮脂はホコリや汚れを吸着して毛穴を詰まらせるだけではありません。

 

それを栄養にする様々な雑菌の繁殖を招き、
その結果炎症を起こし、毛穴を傷めることになります。

 

このように皮脂が過剰に分泌される内的な要因としては、
食生活や生活リズムの乱れによるホルモンバランスが乱れが挙げられます。

 

こういった生活習慣が原因の場合には、
様々な状況が複雑にからみあっていて簡単には解決できませんので、
根気良く取り組むことが必要です。

 

また、不衛生がべたつきを招くのは当然ですが、
逆に洗い過ぎて頭皮が乾燥すると、
頭皮を守るために必要以上の皮脂が分泌されてしまいます。
そのべたつきをなくそうとさらにシャンプーするという悪循環に陥ってしまうのです。

 

乾燥

紫外線や冬場の乾燥、洗浄力の高すぎるシャンプー剤、
シャンプーのし過ぎなどで頭皮に必要な皮脂まで取ってしまうと、
頭皮が乾燥し、乾いたフケがたくさん出る場合があります。

 

放っておくと湿疹などの皮膚トラブルが生じます。
@で述べたような皮脂の過剰分泌が起こる場合もあります。

 

血行不良

ストレスによる自律神経の乱れは、血行不良を招きます。
また、タバコに含まれるニコチンやタールは血管を収縮させ、
血流の悪化を引き起こすと言われています。

 

血行が悪くなると、頭皮に十分な栄養が運ばれないため、髪の発育が阻害されるのです。
べたつきや乾燥と違って、血行不良は自覚症状に乏しいため、よけいに注意が必要です。

頭皮を健康にするために重要なこと

理想的な頭皮環境とは、頭皮へのストレスがなく、
血行がよく、毛穴の働きが正常に機能している状態のことです。

 

こういった環境を作り上げるためには、適切なシャンプーはもちろんのこと、
身体や心のストレスを減らして、頭皮に留まらず身体の状態を健康に保たなければなりません。
食事や生活習慣に気を配り、心身ともに健康であることが、髪の毛にとっても大切なことなのです。

 

いくら効くと言われる育毛剤を使っても、
髪の生える土壌が整っていなければ、その育毛剤は無駄になります。

 

植物と同じように、まずは土壌作りから始めましょう。

 

土壌を整えた上で、
育毛剤の成分で髪の生えるメカニズムに働きかけることで髪は健康に育つのです。

 

◆まとめ

  • 健康な髪は健康な頭皮環境で育つ
  • 「べたつき」「乾燥」「血行不良」をなくす対策をとろう

 

管理人おすすめの育毛剤