乾燥肌タイプにおすすめの育毛剤

MENU

頭皮の乾燥はハゲのもと!潤いのない頭皮におすすめしたい5つの育毛成分とは?

 

 

ハゲ予防のために気を付けておきたい頭皮のコンディション。

 

頭皮のコンディションにはさまざまな状態がありますが、
その中でも頭皮の乾燥は育毛にとって大敵です。

 

そこで今回は、頭皮の乾燥について徹底的にリサーチいたしました。
頭皮の乾燥の症状や原因から、なぜ乾燥が良くないのかを解説するとともに、
頭皮が乾燥しやすい人に是非おすすめしたい育毛成分もご紹介いたします!

 

 

乾燥肌(ドライタイプ)の頭皮におすすめの育毛剤はコレ!

 

CHAPUP(チャップアップ)

 

 

 

業界トップクラスの育毛成分を配合している「チャップアップ」
保湿成分だけでもかなり多くの成分が含まれています。

 

中でも注目なのはチャップアップの主成分M-034。
保湿効果に優れているだけでなく高い育毛効果も期待できます。

 

その他にも天然成分の保湿成分がたくさん配合されているので、
頭皮の乾燥(ドライタイプ)に悩む方にはピッタリの育毛剤と言えますね。

 

チャップアップに配合されている保湿成分

海藻エキス、シナノエキス、ヒキオコシエキス、ヒオウギエキス、クロレラエキス、オウゴンエキス、ゴボウエキス、アラニン、プロリン、セリン、L-グルタミン酸、濃グリセリン、BG、DL-PCA、トリメチルグリシン、ソルビトール液

公式サイト

 

 

薬用ポリピュアEX

 

 

 

頭皮の保湿と浸透力に注力されている育毛剤
「薬用ポリピュアEX」

 

主成分となるバイオポリリン酸は非常に保湿力に優れており、
毛母細胞を活性化させる効果が強い成分です。

 

また、従来にポリピュアに比べ、
現在の薬用ポリピュアEXはバイオポリリン酸の濃度がアップしており、
さらには新たな保湿成分も追加配合されています。

 

ポリピュアEXに配合されている保湿成分

ポリリン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン、ヒオウギエキス、水素添加大豆リン脂質、パントテニルエチルエーテル、レイシエキス、1,3-ブチレングリコール

公式サイト

 

 

IQOS(イクオス)

 

頭皮の乾燥しがちな人向け!おすすめの育毛対策と育毛剤

 

チャップアップに次いで豊富な成分量を誇る「イクオス」

 

海藻エキスを筆頭に、
ヒアルロン酸ナトリウムや加水分解コラーゲンなど、
保湿に大変効果が期待できる成分を配合しています。

 

また、主成分にはアルガス-2という成分は、
3つの海藻エキスを組み合わされた珍しい成分なんです。

 

イクオスに配合されている保湿成分

海藻エキス、カンゾウ葉エキス、高分子ヒアルロン酸ナトリウム、低分子ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解コラーゲン、水素添加大豆リン脂質、D-パントデニルアルコール、アルニカエキス

公式サイト

 

自分の頭皮は乾燥タイプ?こんな人はドライタイプの頭皮

まず、自分の頭皮が乾燥しているのか把握するために、
頭皮の乾燥の症状を知っておきましょう。

 

以下のようなことに心当たりがある人は、頭皮が乾燥しているかもしれませんよ。

 

フケがよく出る(多い)

フケは古くなった皮膚(角質)。

 

本来であれば、皮膚の古い細胞が徐々に角化をして、
いらなくなった角質が少しずつはがれ落ちます。

 

正常に出て来る角質は、頭皮にいる常在細菌などによって
自然に分解されるため、フケはあまり目立ちません。

 

しかし、頭皮が乾燥すると、
大きな角質がぼろっと落ちるようになり、フケが目立ちやすくなります。

 

また、乾燥に耐えようと皮膚が角化のスピードを上げることで角質が増え、
フケが目立ってくることもあります。

 

乾燥によるふけは、白くぽろぽろ落ちるという特徴があります。
逆に粘っこいフケが増える場合には、乾燥ではなく皮脂が過剰である可能性があります。

 

頭皮が慢性的に痒い

頭皮が乾燥すると、頭皮の表面から水分がどんどん少なくなります。

 

頭皮の水分は皮膚表面のバリアとしても働くため、
乾燥するとそのバリア機能が弱くなり、
アレルゲンのような痒みを起こす物質が入り込みやすくなります。

 

また、乾燥によるバリア機能の低下があると、
気温や湿度の変化など
環境の変化による皮膚へのダメージをまともに受けやすくもあります。

 

乾燥によるバリア機能の低下は、
皮膚のコンディションを悪化させ、痒みの症状として現れることが多いです。

 

頭皮が乾燥してしまう大きな原因は?

頭皮の乾燥は、頭皮の皮脂や水分が少なくなって起こりますが、
体質以外にも以下のような要因によって起こりやすくなります。

 

不適切なシャンプー

シャンプーは本来頭皮のコンディションを整えるために行うものですが、
シャンプーの種類や方法が不適切だと、頭皮の乾燥の原因になってしまうことがあります。

 

洗浄力・脱脂力の強いシャンプー

シャンプーには毛髪や頭皮の汚れを落とす目的がありますが、
洗浄力や脱脂力の強すぎるシャンプーを使用すると、
頭皮に必要な皮脂も落としてしまうことがあります。

 

特に高級アルコール系シャンプーは、洗浄力や脱脂力が強いため、
頭皮が乾燥しやすい人や頭皮がデリケートな人では使用に注意が必要です。

 

高級アルコール系シャンプーは安価で洗い上りがさっぱりするため、
ドラッグストアなどでよく販売されています。

 

自分が使っているシャンプーにも注目して見てください。
頭皮が乾燥する人は、下の方で紹介するような
成分を含む育毛シャンプーを使ってみることも考えてみてくださいね。

 

頭皮のダメージにつながるシャンプー方法

 

 

頭皮の乾燥はシャンプーの仕方によっても起きてしまうことがあります。

 

爪を使ってごしごしするシャンプーは、
頭皮のダメージを引き起こし、皮脂が減少して乾燥してしまう原因になります。

 

また、シャンプー後は頭皮の皮脂が少ない状態になりますので、
朝シャンプーをしてそのまま外出すると、頭皮の皮脂不足から
乾燥によるふけや痒みが増してしまうことがあります。

 

朝にシャワーを浴びる癖がある人は、特に冬場の朝には注意してください。

 

ドライヤーの使用方法

シャンプーなどで髪が濡れた後にはドライヤーなどで
しっかり乾かしてあげる必要があります。

 

濡れたまま寝てしまうと
頭皮の表面に細菌が繁殖して毛穴の状態が悪化してしまいます。

 

ただし、ドライヤーの使用方法には気を付けてもらう必要があります。
ドライヤーの高熱や強風で髪の毛を乾燥させると、
頭皮の細胞に含まれる必要な水分も飛ばしてしまい頭皮が乾燥してしまいます。

 

ドライヤーでなくても、エアコンなどの冷暖房器具の風が直接当たったり、
部屋が乾燥したりしていると頭皮の乾燥の原因になるので注意しておいてください。

 

頭皮の乾燥はなぜハゲやすくなってしまうのか?

 

 

頭皮の乾燥は薄毛のリスクになりますが、
なぜ乾燥が薄毛を引き起こすのでしょうか?その関係について解説します。

 

バリアの低下による炎症

皮脂は多すぎると細菌の繁殖を助長してしまいますが、
正常な皮脂は、皮膚が外界から
ダメージを受けないようにするためのバリアの働きをしています。

 

乾燥によって皮脂が少なくなってしまうと、
そのバリア機能が低下して感染や炎症を起こしやすくなります。

 

毛穴の感染や炎症は、毛穴が正常に毛を
成長させるための環境を悪化させてしまい、
脱毛や正常な毛が生えにくくしてしまいます。

 

頭皮の柔軟性の低下

適度な水分を含む頭皮はみずみずしく、
柔らかいですが、頭皮が乾燥してしまうと、
頭皮の柔軟性が低下して硬くなってしまいます。

 

硬くなった頭皮では血行が悪化して毛を作るもとである、
毛母細胞に栄養が届きにくくなってしまいます。

 

頭皮の乾燥は毛母細胞の働きにも悪影響を及ぼすため、育毛にとっては良くないのです。

 

血行不良

頭皮の血行不良があっても、
頭皮の細胞に十分な栄養や水分が届かず
乾燥の原因になると言われています。

 

頭皮の血行不良は運動不足や高脂血症(メタボリックシンドローム)、
ストレス、シャワーのみの入浴などは、
頭皮の血行不良の原因になってしまう可能性があります。

 

血行不良がある人は、
血行促進効果の期待できる育毛成分を含んだ育毛剤やシャンプーを使ってみましょう。

 

アトピーなどの皮膚病

アトピーなどの皮膚病は頭皮のコンディションにも影響します。

 

アトピーでは皮膚のバリア機能や保水機能が低下してしまうため、
皮膚の乾燥および強い痒みを起こすことがあります。

 

また、頭皮の白癬(真菌感染)は、頭皮のフケや痒みなど
頭皮の乾燥と同じ症状が出てくる皮膚病ですので注意してください。

 

頭皮が乾燥する人におすすめの5つの育毛成分

 

 

頭皮が乾燥する人は、その要因を改善し、
できるだけ頭皮を乾燥させないようにする必要があります。

 

さらに、積極的に頭皮の保湿をするためには、
以下のような成分を含むシャンプーや育毛剤などがおすすめです。

 

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は頭皮を含めた皮膚の保湿成分。

 

ヒアルロン酸が少なくなると頭皮が水分を保つことができなくなり、
乾燥してしまいます。ヒアルロン酸を補給することで、頭皮の潤いを保ち、
血行改善も期待できるため、ヒアルロン酸は頭皮の乾燥対策として一番におすすめしたい成分です。

 

海藻エキス(フコダイン・M-034)

海藻エキスはフコダインやM-034などと表記されることもある、

 

海藻のぬめり成分です。海藻エキスにはヒアルロン酸と似た保湿効果だけでなく、
育毛剤のミノキシジル(リアップの成分)のような育毛効果があるとも言われています。

 

頭皮の乾燥があり、リアップなどの育毛剤を考えている人は、
まずは海藻エキスを含む育毛剤を試してみてもいいかもしれませんね。

 

アロエ抽出液

アロエ抽出液はその名の通り天然成分であり、
頭皮に潤いを与え、頭皮を柔らかくする働きが期待されています。

 

硬く乾燥した頭皮でお困りの方は、アロエ抽出液を使うことで、
育毛しやすい柔らかく潤った頭皮に変えていくことができるかもしれませんよ。

 

センブリエキス

センブリエキスは、保湿・血行の改善・細胞の活性化などの
作用があると言われている育毛成分です。

 

頭皮の乾燥だけでなく、
全体的なコンディション改善効果が期待される成分ですね。

 

ジフェンヒドラミン

ジフェンヒドラミンはアレルギー反応を抑える薬としても使われる消炎成分です。

 

敏感になった乾燥肌の炎症を抑えて
頭皮のコンディションを改善する効果が期待されるため、
特に頭皮の痒みが強い人にはジフェンヒドラミン配合の育毛剤がおすすめです。

 

頭皮の乾燥の原因・対策・育毛剤【まとめ】

カラカラに乾いた土地に植物が育たないのと同じく、
乾燥した頭皮には髪の毛は生えにくくなってしまいます。

 

白いフケや痒みなど、頭皮が乾燥している可能性のある人では、
育毛するためには乾燥対策が必須です。

 

その場合には、頭皮の乾燥させないような生活習慣を癖づけるのも大切ですが、
積極的に頭皮に潤いを与えて髪を増やすためには育毛剤を考えておきましょう。

 

今回紹介した成分を含むような育毛剤を使い、
頭皮に潤いを与えて頭皮を育毛できる環境に変えて行けるといいですね!