頭が臭い人の薄毛リスクとは

MENU

そのにおい大丈夫?頭のにおいに秘められた薄毛の危険性

頭のにおい、気にしていますか?

 

見た目の変化である薄毛を気にする人は多いですが、
頭皮のにおいを気にしている人は少ないようです。

 

 

ただし、頭皮のにおいは要注意であり、
頭皮がくさいということは、
頭皮がはげやすい状態にあるというサインなのです。

 

また、頭皮がにおうということで不潔なイメージが付き、
「嫌われるハゲ」になってしまうことすらあります。

 

そこで今回は、
頭皮のにおいとハゲとの関係をリサーチしました。

 

薄毛を気にする人は、頭皮のにおいに関してもしっかり注意して、
適切な対応ができるようにしておいてくださいね!

 

 

頭皮のにおいの正体は?

まず、頭皮のにおいの原因となる物質について知っておきましょう。

 

頭皮のにおいは加齢臭?

頭皮には独特のにおいの原因となるのが
頭皮の毛穴から分泌される脂肪酸の成分です。

 

この脂肪酸が頭皮の細菌に分解されたり酸化されることで
「ノネラール」という物質になり、頭皮のにおいを作り出します。

 

このノネラール、ここ最近、
加齢臭の原因となる物質として注目されています。

 

若いころに比べて枕がにおうようになったという人、
それこそが頭皮のにおいの原因物質「ノネラール」のにおいかもしれません。

 

頭皮のにおいの原因はノネラールだけではない

また、頭皮のにおいの原因となるのは
ノネラールだけではありません。

 

動物性たんぱく質由来の悪臭物質(インドールや硫化水素など)も
血液中から頭皮に分泌されることがあり、頭皮のにおいの一因になります。

 

肉や魚などの動物性たんぱくを多く食べていると、
血液中の悪臭物質が増加して
頭皮のにおいがきつくなる可能性があります。

 

頭皮のにおいは薄毛のサイン!?

 

 

実は頭皮のにおいは薄毛を引きおこすリスクになるのです。
頭皮のにおいがなぜ薄毛を起こしてしまうのか、
その理由を見ていきましょう。

 

におう頭皮の環境とは?

頭皮がにおうということは、
頭皮が以下のような状態になっている可能性があることを意味します。

 

・皮脂の分泌が多い
・頭皮で酸化が進んでいる
・頭皮の細菌の繁殖の可能性

 

におう頭皮は、髪が抜けやすく生えにくい

上記のような環境の頭皮では、
以下のようなリスクがあります。

 

・毛穴が詰まりやすい
・毛根や毛母細胞の酸化に伴う老化
・細菌による炎症や毛根のダメージ

 

つまり、頭皮がにおうということは、
頭皮が育毛に適さない環境にある可能性が高いということになるのです。

 

また、皮脂分泌は
男性ホルモンによって活性化されると言われています。

 

つまり、皮脂分泌の多い人では、
男性ホルモンが過剰になっている可能性があり、
それもAGA(男性型脱毛症)による薄毛リスクの一因となります。

 

頭皮が臭い人は危険信号?頭のニオイは薄毛へ繋がる!

 

頭皮のにおいは嫌われる?

頭皮のにおいは薄毛のリスクを増やすだけではありません。

 

薄毛を起こすよりも、
頭皮がにおうこと自体が嫌われる理由になる可能性があります。

 

頭皮のにおいが不潔そうという悪いイメージに

ハゲの悪いイメージの一つに
「不潔そう」というものがあります。

 

本当に不潔かどうかは別として、
頭皮がにおうと「不潔そう」というイメージがさらに強くなり、
「嫌われるハゲ」になってしまう可能性があります。

 

特に女性はにおいに敏感です。
頭皮のにおいで「不潔」だというレッテルを貼られ、
嫌われないようにしたいですね。

 

頭皮のにおいには気づきにくい

頭皮のにおいを含めて、
自分のにおいは自分で気付きにくいものです。

 

その理由が「嗅覚疲労」という現象。

 

嗅覚疲労は、同じにおいを嗅ぎ続けると
その匂いに嗅覚がマヒをしてしまい、
気付かなくなるという現象です。

 

常に自分の体から発している頭皮のにおいにも、
この嗅覚疲労を起こしてしまうため、自分ではわからなくなってしまいます。

 

ハゲは鏡を見れば気付きますが、
頭皮のにおいは意識をしないと気付かない可能性があります。

 

頭皮を手でこすったり、枕をにおったりしてみて、
頭皮のにおいがないかどうかはチェックしておきましょう。

 

すぐにできる頭皮のにおい対策

では、具体的に頭皮のにおい対策としてできることを考えてみましょう。

 

皮脂対策シャンプー

 

 

皮脂が多い人には、皮脂をしっかり取れる
脱脂作用が強めのシャンプーがおすすめです。

 

通常のシャンプーよりも洗浄力や
脱脂作用の強いシャンプーで洗うことで、頭皮の皮脂を取り除いて、
頭皮のにおいの原因を減らすことができます。

 

ただし、皮脂の取り過ぎは頭皮にダメージを起こしたり、
皮脂分泌を刺激してしまう可能性があります。

 

洗浄のし過ぎや脱脂能力が強すぎるシャンプーの使用には注意をしましょう

 

ヘアコロンや整髪料の付けすぎに注意

 

 

匂いが気になるからと言って、
その匂いを取るためにヘアコロンを付けすぎたり、
においの強い整髪料をつけるのはあまりよくありません。

 

ヘアコロンや整髪剤などが毛穴の詰まりを起こして、
頭皮の環境がかえって悪化してしまう可能性があります。

 

頭皮のにおいがあるからと言って、
とにかくニオイだけを何とかしようとするのは危険です。

 

その場しのぎのにおい対策は、
はげのリスクを増やしてしまいかねませんので控えるようにしましょう。

 

食生活の見直し

 

 

頭皮の環境を改善して頭皮のにおい対策をするためには、
食生活を見直すことも大切です。

 

特に気をつけたい食生活のポイントは、以下の通りです。

 

・ 脂物を取り過ぎない
・ 動物性たんぱくを避け、大豆製品などの植物性たんぱくをしっかり取る
・DHAやEPAなど抗酸化成分が豊富な食材を食べる
・玉ねぎや納豆など、血液さらさら効果が期待される食材を積極的に取る

 

頭皮の臭いによる薄毛の危険性【まとめ】

頭皮のにおいは、注意していないと気付かないことが多いですが、
ハゲのリスクとともに嫌われるリスクも増やしてしまいます。

 

そのため、嫌われるハゲにならないように、
頭皮がにおう場合は頭皮環境を整えて
頭皮のにおい対策をすることが大切です。

 

頭皮のにおいはハゲのリスクであるということをしっかり認識し、
適切な対策を取れるようにしてくださいね!