5aリダクターゼと遺伝の関係

MENU

薄毛の大きな要因!5αリダクターゼの抑制が薄毛改善の鍵!?

 

 

多くの方を動揺させ困惑させる身体の問題、それが薄毛です。

 

その薄毛も正しい知識を身に着けなくては、
正しい対処をすることができません。

 

男性型脱毛症(AGA)を調べていると、必ず聞く物質名があります。
それが「5αリダクターゼ」です。

 

そこで今回は「すべての薄毛の生みの親」といっても過言ではない、
「5aリダクターゼ」という酵素についてご説明させていただきます。

 

こちらでは、5αリダクターゼとはどんなものなのか、
薄毛にどんな影響を与えているのか、といったことを詳しくお話します。

 

 

5αリダクターゼってなんだ?

男性にも女性にも存在する人体にある酵素の一つになります。
存在する場所は、毛乳頭や皮脂腺になります。

 

頭皮にもあるわけですが、
問題のある5αリダクターゼは頭皮全体にあるわけではありません。

 

主に、前頭部から頭頂部にかけて分布しています。
前頭部から頭頂部にかけて薄くなっている男性が多いですが、
5αリダクターゼが大きな影響を与えているわけです。

 

5αリダクターゼには2つの種類が存在する

ちなみにこの5aリダクターゼには、
1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼが存在しています。
以下、1型と2型で記載させてもらいます。

 

1型はそれほど薄毛の危険性はありません。
ほとんどの毛の毛乳頭に存在しているのです。

 

2型は、前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在しています。
こちらが男性型脱毛症の発症原因となる5αリダクターゼです。

 

以上のことから、2型の5αリダクターゼを抑えこむことが出来れば、
薄毛にならないのがなんとなくでも分かりますよね。

 

5αリダクターゼが薄毛の直接的原因ではない!

5αリダクターゼのみでAGAになると思われていますが、そうではありません。
5αリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結合するのです。

 

遺伝で禿げる理由|5aリダクターゼとは一体!?

 

結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)が発生します。
そのDHTがAGAの元凶なのです。

 

髪の毛の成長をストップさせてしまったり、産毛しか生えないようにしてしまいます。

 

薄毛の原因ジヒドロテストステロンとAGAについて知ろう

まず世間で嘆かれている薄毛の多くは、男性ホルモンの一種である
「ジヒドロテストステロン(DHT)」を原因としていることを理解しなくてはなりません。

 

このジヒドロテストステロンは筋肉質な男性的な身体をつくる働きを持つ一方で、
髪の毛を抜けやすくするという負の働きも持ち合わせています。

 

こういったジヒドロテストステロンの働きを
原因として起こる脱毛症を「AGA(男性脱毛症)」といいます。

 

ジヒドロテストステロンは元々テストステロン!これを作るのが…

前述のジヒドロテストステロンは元々の名前を
「テストステロン」といいます。

 

このテストステロンは今回ご紹介している
5aリダクターゼという酵素の働きによって、
ジヒドロテストステロンとなり、脱毛を促す働きを持ってしまいます。

 

5αリダクターゼは誰にでもある|なぜ薄毛になる人とならない人がいるのか?

遺伝が大いに関わっています。
5αリダクターゼは女性でも男性でも関係なく誰にでもある物質ですが、
テストステロンとの結合がしやすいか、しにくいか、といったことが遺伝されるのです。

 

テストステロンと結合しやすい遺伝子を持っている人はAGAが発症し、
テストステロンと結合しにくい遺伝子を持っている人はAGAが発症しにくいのです。

 

5aリダクターゼの分泌は遺伝で決まる可能性が高い

 

 

5aリダクターゼによって薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが作られるのであれば、
5aリダクターゼが分泌されなければ薄毛の原因の1つが減るということになりますよね?

 

しかし、この5aリダクターゼはその分泌量は
遺伝によって左右されると考えられています。

 

しかも5aリダクターゼの活性は優性遺伝子なのです。

 

ここで学生時代の頃の生物の授業を思い出してみてください。

 

優性遺伝子ということは、
父親と母親の片方だけが持っている遺伝子でも、
子どもにその影響を及ぼす遺伝子です。

 

つまり父親の遺伝子に5aリダクターゼの働きを強くする働きがなくても、
母親の遺伝子に強くする働きがあれば、子どもの5aリダクターゼは強い力を持ってしまうのです。

 

5aリダクターゼの働きを抑える効果はプロペシアにある?

ここまでご覧いただいた方であれば、
「5a-リダクターゼの分泌を抑えられれば、脱毛も抑えられるのではないか?」
とお気付きなのではないでしょうか。

 

しかし、実際のところは未だ特効薬はなく、
まだまだ研究の進んでいない分野というのが本当のところです…。

 

ただ、5aリダクターゼと結びつく、
テストステロンならびにジヒドロテストステロンの分泌を抑えられれば薄毛は改善できますし、
こちらの分野に関しては研究がかなり進んでいます。

 

服用タイプの育毛剤であり『プロペシア』はその代表格で、
こちらを使用したことで薄毛を改善した方は大勢いらっしゃいます。

 

ただ服用するということもあり、
その副作用には注意が必要であることは忘れないようにしましょう。

 

【まとめ】5aリダクターゼはジヒドロテストステロンを作る源

5aリダクターゼは、AGAをはじめとした薄毛を引き起こす原因である
ジヒドロテストステロンを作る働きを持っています。

 

5aリダクターゼの分泌そのものを抑えられるのが理想的ではありますが、
実際は5aリダクターゼの分泌よりも
ジヒドロテストステロンの働きを抑える研究の方が進んでいます。

 

育毛剤をお探しの際は、頭皮への潤いや血行促進といった効果の他に、
このジヒドロテストステロンを抑制できるかどうかという点にも注目しましょう。

 

・5αリダクターゼは誰にでもある
・5αリダクターゼには二つの種類があり、AGAに関わっているのは2型である
・5αリダクターゼに関する遺伝内容によってAGAが発症してしまう