5aリダクターゼと遺伝の関係

MENU

薄毛の大きな要因!5αリダクターゼの抑制が薄毛改善の鍵!?

 

 

男性型脱毛症(AGA)を調べていると、
必ず聞く物質名があります。

 

それが「5αリダクターゼ」です。

 

こちらでは、5αリダクターゼとはどんなものなのか、
薄毛にどんな影響を与えているのか、といったことを詳しくお話します。

 

 

5αリダクターゼってなんだ?

男性にも女性にも存在する人体にある酵素の一つになります。
存在する場所は、毛乳頭や皮脂腺になります。

 

頭皮にもあるわけですが、
問題のある5αリダクターゼは頭皮全体にあるわけではありません。

 

主に、前頭部から頭頂部にかけて分布しています。
前頭部から頭頂部にかけて薄くなっている男性が多いですが、
5αリダクターゼが大きな影響を与えているわけです。

 

5αリダクターゼには2つの種類が存在する

1型5αリダクターゼと2型5αリダクターゼが存在しています。
以下、1型と2型で記載させてもらいます。

 

1型はそれほど薄毛の危険性はありません。
ほとんどの毛の毛乳頭に存在しているのです。

 

2型は、前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在しています。
こちらが男性型脱毛症の発症原因となる5αリダクターゼです。

 

以上のことから、2型の5αリダクターゼを抑えこむことが出来れば、
薄毛にならないのがなんとなくでも分かりますよね。

 

5αリダクターゼが薄毛の直接的原因ではない!

5αリダクターゼのみでAGAになると思われていますが、そうではありません。
5αリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結合するのです。

 

結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)が発生します。
そのDHTがAGAの元凶なのです。

 

髪の毛の成長をストップさせてしまったり、産毛しか生えないようにしてしまいます。

 

5αリダクターゼは誰にでもある|なぜ薄毛になる人とならない人がいるのか?

遺伝が大いに関わっています。
5αリダクターゼは女性でも男性でも関係なく誰にでもある物質ですが、
テストステロンとの結合がしやすいか、しにくいか、といったことが遺伝されるのです。

 

テストステロンと結合しやすい遺伝子を持っている人はAGAが発症し、
テストステロンと結合しにくい遺伝子を持っている人はAGAが発症しにくいのです。

 

5αリダクターゼの詳細【まとめ】

・5αリダクターゼは誰にでもある
・5αリダクターゼには二つの種類があり、AGAに関わっているのは2型である
・5αリダクターゼに関する遺伝内容によってAGAが発症してしまう