AGA(ハゲ)は治療できる!?

MENU

薄毛は男の病気と判断?AGAは治療できるのか?

 

 

最近CMなどで繰り返される為に、
すっかりおなじみになった「AGA(エージーエー)」

 

AGAとはいったい何でしょうか?

 

これは、「Androgenetic Alopecia」の略で「男性型脱毛症」のことです。
思春期以降の成人男性の髪が薄くなっていく状態を指します。

 

AGAに悩んでいる日本の成人男性は推定で
1500万人近くいると言われていて、これは約3人に1人の割合です。

 

なぜ今AGAと呼ばれる様になったのか?

髪の悩みは人それぞれですが、
抜け毛・薄毛が一番である事は様々な調査から明らかになっています。

 

では、AGAは薄毛と何が違うのでしょうか?

 

おおまかに言えば、AGA=男性の薄毛ですので、何も変わっていません。
内容は変わっていないのですが、それを取り巻く状況が大きく変わったのです。

 

薄毛は治療できるモノに変わりつつある

今までの薄毛やハゲの悩みは、育毛剤を買ったり、
頭をトントン叩いたり、わかめを食べたりなど、
自分で「ケア」するしかありませんでした。

 

しかし、何千年もの人類が悩み続けてきた薄毛ではありますが、
その対処の研究はここ10年で急速に進歩したのです。

 

その例として、今までの育毛剤は
「医薬部外品」としてのポジションでしたが、

 

明確な有効成分が認められた
「医薬品」としての育毛剤が手に入るようになりました。
関連:病院で処方されるAGA治療薬について

 

つまり「病院で“治療”する」という選択肢がひとつ増えたのです。
そこで製薬会社は、今までの薄毛・ハゲという言葉に変えて、

 

「AGA」という新しい略称を作り、
「お医者さんで治療できる」という理解を深めるためにキャンペーンを張りました。

 

こうしてAGAという言葉を最近よく聞くようになったのです。
従来の「ケア」の範疇にはまらない、
「治療」という分野が確立したからこそ、こういった取り組みが始まったというわけです。

 

薄毛は治療できる「病気」としてAGAと呼ばれるように

つまり、現代に生きる私達は、
頭髪に悩んできた人類の歴史上の全ての男性よりも恵まれた立場にいるのです。
薄毛のメカニズムがある程度解明され、その解決方法が手に入るのですから。

 

さらに、病院で処方されるAGA治療薬だけではなく、
現代では育毛剤のレベルも昔とは比べものになりません。

 

この私も実際に薄毛クリニックへの通院を考えていましたが、
育毛剤のみで薄毛を改善する事に成功しました。
関連:現代の育毛剤!驚くべき効果とは?

 

薄毛・禿げは治療できる病気です。
安心して、薄毛の原因をよく見つめ、対処していきましょう。