薄毛治療の保険適応について

MENU
医療機関での薄毛治療は保険適用できるの?

病院やクリニックで薄毛治療薬を処方してもらう時や、
植毛やその他の発毛治療は保険が適用されるのでしょうか?

 

薄毛治療はどれも割高なので保険を利用したいです。

 

ほとんどの薄毛治療は保険適用外

医療機関で薄毛治療ができることは、
「お医者さんに相談だ」などのテレビCMでかなり認知されてきていますが、
その薄毛治療に保険適用はできるのか、という疑問が出てきますよね。

 

残念ながら
「基本的には、ほとんどの薄毛治療は保険適用外となる」というのが答えです。

 

薄毛治療はなぜ保険適用外なのか?

 

 

なぜ、保険適用をしてもらえないのかというと、

 

日本では基本的に、
「放置しておくと生活・健康面で大きな支障をきたすものに
対しての治療だけを、健康保険適用にする」という方針だからです。

 

薄毛で悩む本人にとっては、
見た目の悪さなどによる精神的な悩みがあったとしても、

 

国としては「薄毛は、生活や健康問題に
直接大きな支障をきたすようなものではない」
と判断しているのが現状なのです。

 

ただし、ごく一部だけですが、
保険適用になる薄毛治療もあります。

 

 

それは、円形脱毛症や、
毛根に炎症が発生するひこう性脱毛症による薄毛の治療です。

 

これらに対する治療で、所定の薬を処方した場合、などという
ごく限られた範囲ですが、保険適用が認められています。

 

薄毛治療の保険適応についてのまとめ

現在の薄毛治療方法は様々ありますが、
ほとんどが保険適応外という事には変わりありません。

 

最近では有名になってきている、
プロペシアなどの服用型のAGA治療薬に関しても、
保険は適応されていないのです。

 

しかし、上記にもある様に、
保険が適応される場合も少なからずあります。

 

万が一保険が適応される場合もありますので、
薄毛が気になりだしたらまずは、
医療機関やクリニックに相談してみるのもいいでしょう。