なぜ薄毛は遺伝してしまうのか?

MENU

遺伝による薄毛は治るのか?薄毛が遺伝する要因は?

先祖の写真を見ると、ハゲ頭そろいで、
自分の頭もそうなっていくのだろうと哀しい気持ちになってしまう…

 

そんな方もいるでしょう。
簡単に結論を言えば、ハゲは遺伝します。

 

しかし、ハゲ家系の兄弟で髪の量が違ったり、
双子の一人はハゲているのにもう一人は髪があるという事例は沢山あります。

 

これは、なぜなのでしょうか?

 

 

ハゲの生物学的遺伝

ハゲは簡単に言えば遺伝しますが、
髪の毛を直接抜けさせる遺伝子があるわけではありません。

 

AGAの原因となっている、5α-リダクターゼという酵素が、
どれだけ強く働くかが遺伝すると考えられています。

 

5α-リダクターゼが頭皮で強く働くと、
テストステロンが髪の毛を弱める悪玉ホルモンに作りかえられてしまいます。
この酵素の強さや働く場所は偏在していて、それぞれ遺伝的な要素があります。

 

頭頂部がハゲる家系は、頭頂部で5α-リダクターゼがよく働く因子が遺伝しているのです。

 

つまり、ハゲ家系とは、5α-リダクターゼの働きが活発な家系ということです。

 

ハゲ家系はあきらめるしかないのか

働きの活発さが問題なのですから、その活動を抑えるような治療をすることが、
ハゲ家系の宿命から逃れる道になります。

 

また、ハゲ家系の原因には、このような生物学的な遺伝ではなく、
文化様式の継承も大きく関係していますので、
単にハゲが多いからと言ってあきらめることはありません。

 

喫煙による悪習慣

例えば、タバコを吸うのが当たり前の家庭の場合には、
子供のころからタバコの煙を吸うことになりますので、
家系的に肺ガンにかかりやすくなります。

 

タバコと肺ガンほどその関係が明らかでなくとも、
薄毛になりやすい家庭の生活様式はあります。

 

食事による悪習慣

特に家庭の中で継承されやすいのは食事です。
脂っぽい料理が多かったり、
味付けが濃かったりする食事は頭皮にはよくありません。

 

しかし、子供のころからの味付けでそれが当り前になっていると、
知らず知らずの内にハゲ家系の運命に身をゆだねていることにもなります。

 

入浴による悪習慣

また、風呂に長く入らないような家庭では、それが習慣化し、
丁寧なシャンプーができない大人になってしまいます。

 

健康な髪を作るには健康的な習慣が必要なのですが、
いつの間にか髪に悪い習慣がついている場合があるのです。
日々の生活を改めて見直し、改善していきましょう。

 

ハゲ家系を救うAGA治療の王道

生活を整えることはもちろんですが、
5α-リダクターゼに直接働きかける治療も遺伝的な薄毛の場合には有効です。
フィナステリドという育毛成分は、この5α-リダクターゼの働きを劇的に抑えてくれます。

 

ハゲ家系の宿命からは逃れらます。
それを信じてストレスを感じないようにし、適切に対処して、健康な髪を増やしていきましょう。