親からの薄毛遺伝の影響について

MENU

薄毛の遺伝は母方・父方どっちから?親がはげていなければ大丈夫はウソ!

 

 

薄毛が進行する要因がかなり解明され、
「ハゲは遺伝する」するということもわかってきています。

 

親がはげているから自分も心配……なんて人も多いと思いますが、
実際に父親がはげているとどのくらい子供に影響するのでしょうか?

 

また、女性は薄毛になりにくいですが、
薄毛に母親の影響はないのでしょうか?

 

そこで今回は、薄毛の遺伝について母親・父親から
どのような影響を受けるのかを解説いたします。

 

薄毛の遺伝に関しては解明が進んでいますので、
そのリスクを知って早めに対策をとれるよう、
薄毛の遺伝に関してしっかり理解しておきましょう。

 

 

男性のはげの原因「AGA」のメカニズム

AGAとは男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)のことです。AGAはアンドロゲン(男性ホルモン)の影響によって起こる薄毛であり、20代以降の男性の大部分の薄毛はAGAによって起こります。現在ではAGAを引き起こす物質は、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)であることがわかっています。

 

DHTはテストステロンが体内で変化して作られます。体内で作られたDHTがアンドロゲンレセプター(AR)にくっつくと、髪の成長が止まり、脱毛が起こってしまいます。つまりAGAでは、ARという鍵穴と、それに合うDHTという鍵が存在することで、AGAのスイッチがオンになり、薄毛が進行すると考えてもらうといいでしょう。

 

薄毛は母方、父方、どちらの影響を受けやすい?

 

AGAを起こす2つの遺伝子

AGAはすべての男性に起こるわけではありません。AGAは体質によって起こりやすい人とそうでない人がおり、現在ではAGAを起こす2つの遺伝子が発見されています。

 

アンドロゲン受容体(AR)の感受性=鍵の入りやすさ

 

ARは薄毛を引き起こすスイッチをオンにするための鍵穴です。ARの感受性はすべての人で同じではなく、同じ量のDHTがあってもDHTがどれくらい影響するのかはARの感受性によって決まってきます。

 

ARの感受性が高い人では、少量のDHTでも薄毛のスイッチがオンになり薄毛が進行してしまいます。一方で、ARの感受性が低い人では、AGAのスイッチがオンになりづらいため、薄毛はそれほど進行しません。

 

5αリダクターゼの活性=鍵を作る能力の高さ

 

AGAを引き起こす鍵となるのはDHTですが、DHTは「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素によってテストステロンから作られます。つまり、どれだけテストステロンがあっても5αリダクターゼが活発に働いていないとDHTは作られないため、薄毛を引き起こすスイッチはオンになりにくくなります。

 

5αリダクターゼの活性は人によって違い、その活性の強さは遺伝によって決まっています。5αリダクターゼの活性が高い人では体内のDHTの量が増加し、AGAが進行しやすくなります。

 

ARの感受性と5αリダクターゼの活性はAGAのリスクの目安

 

AGAを引き起こす原因としてARの感受性と5αリダクターゼの活性が遺伝するとお話ししましたが、これはあくまでAGAが起こるリスクの目安です。感受性や活性が高くても、すべての人で薄毛が起こるわけではありません。AGAの発生には遺伝的な要因以外に、生活習慣などの後天的な要因が影響します。

 

つまり、これらの遺伝はあくまでAGAになりやすいかどうかを表すだけで、遺伝があるから絶対にはげるとか、逆に遺伝がないからはげないということではありません。

 

アンドロゲンレセプターの感受性は母方から遺伝

 

 

ARの感受性は母方から遺伝することがわかっています。ARの遺伝がどのように起こってくるのかを見てみましょう。

 

ARの感受性を決める遺伝子はX染色体上に存在

 

染色体は遺伝子情報が書き込まれているDNAの集合体です。人間には23対46本の染色体があることがわかっており、そのうち性別を決める1対2本の染色体を「性染色体」と呼びます。この性染色体にはXの形をした「X染色体」とYの形をした「Y染色体」mの2種類が存在します。

 

それぞれの染色体には、「髪の色」「背の高さ」「血液型」などの情報が書き込まれており、親から子へその遺伝情報が引き継がれます。その中に「ARの感受性」も含まれており、ARの感受性に関する情報は、性染色体のX染色体の中に書き込まれていることがわかっています。

 

X染色体は母親の遺伝子を引き継ぐ

 

男性はX染色体とY染色体を1つずつ、女性はX染色体を2つ持っています。子どもは父と母それぞれ1つずつの性染色体を子供が引き継ぎますので、以下の図のような遺伝をします。

 

薄毛は母方、父方、どちらの影響を受けやすい?

 

 

つまり、男の子が生まれた場合、性染色体は「XY」になりますが、そのX染色体は必ず母親から受け継ぐことになるのです。母親から受け継いだX染色体にARの感受性が高いという遺伝子情報が書かれていれば、その子供はAR感受性が高くAGAを起こしやすいという遺伝を持って生まれてきます。

 

薄毛は母方、父方、どちらの影響を受けやすい?

 

一方、Y遺伝子にはARの感受性に関する情報はありません。たとえ父親にAR感受性が強い遺伝子があっても、それはX染色体に書き込まれた遺伝情報ですので、それを男の子どもが引き継ぐことはありません。

 

父親が持つARの感受性の情報は娘に引き継がれる

 

また、父親のX染色体に書かれた薄毛の遺伝子はその娘に引き継がれます。ただし、AR受容体の感受性が高いという遺伝子を女性が持っていたとしても、それにくっつくDHTの量が少ないため、女性に薄毛の症状が出て来ることは多くはありません。

 

そのため、母親が薄毛でないからと言って、ARの感受性が低いとは限らず、自分に薄毛が遺伝しないということではありません。また、母方の祖父が薄毛である場合、祖父はARの感受性が高い可能性があり、その遺伝子を母親が引き継いで自分に引き継がれてくる可能性がありますので、母方の祖父の薄毛には注意が必要です。

 

父方・母方両方の影響を受ける5αリダクターゼの活性

 

5αリダクターゼの活性を決める遺伝子は性染色体には含まれず、性染色体以外の染色体である「常染色体」に含まれると考えられています。常染色体は男女間での違いがないため、ARの感受性と違い、5αリダクターゼの活性は母方・父方どちらからも遺伝する可能性があります。

 

5αリダクターゼの活性は常染色体優性遺伝

 

5αリダクターゼが活性になる遺伝子は、「常染色体優性遺伝」と呼ばれる遺伝方式を取ります。染色体は常に1対のものとして存在しており、それぞれ母親と父親から染色体を受け継ぎます。5αリダクターゼの活性に関する遺伝子も母親・父親それぞれから受け継ぎますが、5αリダクターゼの活性が高いという遺伝子は強いため、この遺伝子がどちらかから引き継がれるとその情報がそのまま出てしまいます。

 

薄毛は母方、父方、どちらの影響を受けやすい?

 

つまり、母親・父親どちらかが5αリダクターゼの活性が強い遺伝子を持っていると、その遺伝子を引き継いだ子どもは、5αリダクターゼの活性が高くなってしまいます。5αリダクターゼ活性が高いという遺伝情報を引き継ぐ確率は、上の表のように親の遺伝情報によって違ってきます。

 

上の表を見てわかる通り、父親の5αリダクターゼ活性が高い場合、そうでない場合に比べると子どもの5αリダクターゼの活性は高くなる傾向にあります。つまり、5αリダクターゼに関しては、父親が薄毛である場合には、子供が薄毛になる可能性が高いということになります。

 

薄毛の遺伝は母・父どちらの影響か【まとめ】

 

 

薄毛の遺伝にはARの感受性と5αリダクターゼの活性という2つの要素がかかわってきます。それぞれで遺伝様式が異なり、遺伝する確率は親の持つ遺伝子のパターンによっても変わってきます。親の薄毛は子供に引き継がれることはありますが、親がはげているからと言って子供にすべて遺伝するわけではありません。

 

また、たとえAGAになりやすい遺伝子を引き継いだとしても、すべての人がはげる訳ではありません。AGAの遺伝が気になる人は、まずは遺伝子検査でチェックしてみてください。たとえ、AGAになりやすい遺伝子を持っていたとしても、早めに対策を立てることではげを回避できることも珍しくありません。親のはげが気になる人は、しっかり遺伝について理解して、必要な対策を立てられるようにしておきましょう!