祖父・祖母から薄毛は遺伝する?

MENU

AGAの隔世遺伝の真実!おじいちゃんがハゲだと危険って本当?

薄毛の隔世遺伝|祖父・祖母がハゲていたら要注意!?

 

昔から都市伝説のように言われている「はげの隔世遺伝」。
おじいちゃんがはげていると危ないって聞いたことがある人は多いと思います。

 

この話、実は都市伝説でも何でもなく科学的に証明されているのです。
今回は、はげの隔世遺伝について、そのメカニズムと確率を探ってみましょう。

 

 

ハゲが遺伝する理由!AGAの遺伝のメカニズム

AGAは遺伝しますが、その遺伝の原因の一つとなるのが
アンドロゲンレセプター(以下AR)と呼ばれる構造です。

 

AGAの原因物質はDHT

成人男性の薄毛の原因のほとんどを占めるAGA(男性型脱毛症)。

 

AGAは、男性ホルモン「テストステロン」が
変化してできた物質「DHT(ジヒドロテストステロン)」が、
髪の毛の成長サイクルを狂わせてしまうことが原因で起こります。

 

DHTの影響によりヘアサイクルのうち成長期が短くなり、
休止期が長くなると、元気な髪の本数が少なくなり薄毛が進行してしまいます。

 

DHTに反応するアンドロゲンレセプターの感受性が遺伝する

 

AGAの発症には、体質と生活環境のどちらも影響しますが、AGA体質の原因の一つがARの感受性。ARは頭皮に広く分布し、DHTがくっつくと薄毛のシグナルを毛根に送る仲介役のような働きをします。

 

このARがどれだけ敏感にDHTに反応するのかは、遺伝による体質によって決まっています。つまり、ARの感受性が敏感なほどDHTの影響を受けやすく、AGAになりやすいのです。ARの感受性は特徴的な遺伝をするため、AGAは隔世遺伝で現れることが多くなります。

 

AGAは母方から遺伝する

 

 

ARの感受性を決める遺伝子は「性染色体」の中の「X染色体」の上にあり、それが隔世遺伝の原因となります。

 

性別を決める性染色体

 

AGAの遺伝を理解するために、遺伝子がどのように遺伝するのかを簡単に知っておきましょう。遺伝情報が書き込まれた遺伝子は「染色体」と呼ばれる糸状の物質の上に存在します。染色体は2本で1セットになっており、人は23対46本の染色体を持っています。

 

そのうち1対2本の染色体は性染色体と呼ばれ他の染色体と違った形をしています。性染色体には、Xの形をした「X染色体」とYの形をした「Y染色体」があり、この組み合わせによって性別が決まります。

 

男性は父親からY染色体、母親からX染色体を引き継ぐ

 

性染色体の組み合わせによって男性に生まれるか女性に生まれるかが決まり、XYの組み合わせになると男性、XXの組み合わせになると女性になります。染色体は1対のうちの1つずつを父親と母親からそれぞれ受け継ぎますので、以下のような遺伝をします。

 

薄毛の隔世遺伝|祖父・祖母がハゲていたら要注意!?

 

この表を見ていただければお分かりだと思いますが、男性は母親からX染色体、父親からY染色体を遺伝します。AGAの隔世遺伝を考えるうえで、父親のX染色体は男の子には遺伝しないということを覚えておきましょう。

 

ARの感受性はX染色体によってきまる

 

それぞれ染色体にはさまざまな遺伝情報が書き込まれていますが、「ARの感受性が高い」という遺伝情報はX染色体上のみに存在します。つまり、X染色体にARの感受性が高いという情報があれば、AGAのリスクが高くなりますし、そういう情報がなければAGAのリスクは低くなります。

 

上の表を見ると、父親が「ARの感受性が高い」という情報を持つX染色体を持っていても、男の子どもにはそれが引き継がれません。つまり、ARが関係するAGAに関しては父親からは遺伝しません。ただし、AGAにはAR感受性以外にもいくつかの要因があるため、父親のはげがすべて遺伝しないというわけではないことは理解しておきましょう。

AGAが隔世遺伝する理由と仕組み

 

ARの感受性は母方から遺伝するということはわかってもらえたと思います。なぜはげが隔世遺伝するのでしょうか?

 

祖父のX染色体は100%母親に遺伝する

 

AGAに関与するX染色体は、男性の場合は母方からのみ遺伝します。母親は祖父と祖母のX染色体を1つずつ引き継ぎますが、男性(祖父)はX染色体を1つしかもっていないため、そのX染色体がAGAを引き起こしやすいという情報を持っていれば、それが100%母親に遺伝します。

 

つまり、母親の祖父がARの感受性が高いという遺伝子を持っている場合、その遺伝子は母親に確実に引き継がれているのです。

 

女性はARの感受性が高くてもはげにくい

 

女性はARの感受性が高くても、そこにくっつくDHT自体が少ないため、AGAを発症して薄毛になることは少ないです。

 

つまり、祖父からAGAの遺伝子を引き継いでいても、母親がはげてくることは少なくなります。そして、その母親が持つ遺伝子をひきついだ男性は体内にDHTをたくさん持っていますので、AGAを発症しやすくなります。そのため、母方の祖父の遺伝が、母親を飛ばしてその子供に隔世遺伝したように見えるのです。

 

AGAが隔世遺伝する確率は?

 

では隔世遺伝の確率を考えてみましょう。ここでは、母方の祖父が薄毛のすべてに、ARの感受性が高いという遺伝子が関係しているという前提でお話いたします。

 

母親は祖父が持つX染色体、祖母が持つX染色体を1つずつ引き継ぎます。そのうち一つのX染色体を子供が引き継ぎます。つまり、祖父が持つX染色体を男の子どもが引き継ぐ確率は50%であり、母方の祖父が薄毛である場合、50%は薄毛になるという計算になります。

 

薄毛の隔世遺伝|祖父・祖母がハゲていたら要注意!?

 

さらに、祖母は薄毛であるかどうかにかかわらず、ARの感受性が高いという遺伝子を持っている可能性があります。祖母からそのX染色体を引き継いでも男性は薄毛になりやすいですので、祖父が薄毛である場合、その遺伝を引き継ぐのは50%以上ということになります。

 

おじさん・おばさんの薄毛は関係する?

 

ではおじさん・おばさんが薄毛である場合はどうでしょうか?

 

父方の家系はARの感受性には関係ない

 

図を見てもらってもわかる通り、父方のX染色体は子供には遺伝しません。つまり、父方にARの感受性が高い人がいても自分には影響がないことになります。父親の兄弟が薄毛であってもあまり気にすることはないということですね。

 

ただし、ARの感受性以外にも、父方からも薄毛に関与する原因が遺伝することがわかってきています。そのため、父方の兄弟の薄毛も多少は影響する可能性があると思ってもらってもいいでしょう。

 

母方の兄弟の薄毛は要注意

 

母方の兄弟が薄毛である場合、そのX染色体に薄毛を引き起こすARの感受性が高いという遺伝子がある可能性が高くなります。つまり、母親の兄弟が薄毛である場合、自分は50%以上の確率で薄毛になりやすい遺伝子を持っていると考えてください。

 

また、母親の姉妹はARの感受性が高いという遺伝子を持っていても薄毛になりにくいので、叔母さんが髪の毛が多いから安心ということではないと思っておいてください。多くはないですが、女性でもAGAを発症することがあるため、叔母さんが薄毛の場合には、あなたの薄毛リスクは50%以上になります。

 

AGAの隔世遺伝に関する【まとめ】

薄毛は母方の祖父から隔世遺伝をします。

 

ただし、母方のおじいちゃんがはげていればすべての人がはげになるわけでなく、
50%以上の人が薄毛になる遺伝子を持っているという意味です。

 

たとえ隔世遺伝でAGAになりやすい遺伝子を引き継いでしまっても、
薄毛予防ができる生活習慣を実践したり、
シャンプーや薬で薄毛対策をしたりすることで、AGAを発症しにくくすることはできます。

 

母方の祖父が薄毛だという人は、
絶望せず早めにはげないための努力をしていけるといいですね。