タバコや飲酒によるハゲの原因

MENU

喫煙や飲酒がハゲをもたらすって本当?

タバコとお酒がもたらす頭皮への悪影響

以前と比べると喫煙人口は減ったとはいえ、
まだまだ男の生活には無視できない存在です。

 

また、お酒も手軽なストレス解消法であり、
つきあい上避けられない場合も多いので、
なかなかきっぱりと止めることができないのが実情でしょう。

 

ヘビースモーカーであっても大酒飲みであっても、
髪がフサフサとしている人は周りにけっこういると思います。

 

それを見ると、「無理にタバコやお酒をやめる必要はないんじゃないか」と考えてしまうのも無理はありません。
実際のところ、タバコや酒が髪に与える影響はどの程度のものでしょうか?
管理人もずっと気になっていたため、タバコやお酒と薄毛の関係性を徹底的に調べてみました。

 

 

タバコを吸うと禿げるって本当?

タバコとお酒がもたらす頭皮への悪影響

結論から言えば、「タバコを吸うと必ず禿げる」「タバコだけが原因で禿げる」とまではいかないものの、
「喫煙は薄毛の誘因の一つである」ということは確実のようです。

 

タバコの害は、肺がんなどの呼吸器系疾患を招くだけではありません。以下の理由から、薄毛につながる頭皮環境を作り出してしまうのです。

 

  • ニコチンやタールが末梢血管を収縮させ、血行不良となる
  • 一酸化炭素がヘモグロビンと結びつき、酸素の供給を妨げる
  • 有害物質を分解するために肝臓に負担がかかり、血行不良や栄養不足を招く

 

愛煙家には肌が黒く乾燥気味な人が多いのですが、これはタバコが原因で栄養が届かず、
ビタミンCの効果も発揮されずに皮膚が老化する「スモーカーズフェイス」と言われる現象です。

 

このように、タバコはピンポイントで頭皮にダメージを与えるのではなく、
全身症状の悪化により、頭皮への影響が一番先に出てくるというのが真実です。

 

やはりタバコの影響は少なからずあるようですので、
薄毛を予防するという意味でも、喫煙者の方は少しずつ本数を減らしていく事が大切です。

 

お酒を飲むと禿げるって本当?

タバコとお酒がもたらす頭皮への悪影響

適度な飲酒であれば問題ありません。
タバコの場合は血行が悪くなるために薄毛につながります。
ですがその点、お酒は血管を広げるため作用があり、
頭皮の血行もよくなりますので、栄養の届き具合自体はよくなります。

 

もちろん楽しく呑めればストレスの発散にもなります。
つまり、適度な飲酒は、血行とストレス発散の点で健康にさほど害はないと言えそうです。
しかし、それはあくまでも「適度な飲酒」の場合です。

 

過度の飲酒は以下の理由で、薄毛の誘因となります。

 

  • 肝臓に負担をかけ、栄養不足を招く
  • アルコールは肝臓で毒性のあるアセトアルデヒドに代謝され分解されるが、

    分解しきれないアセトアルデヒドはDHTという抜け毛につながるホルモンの分泌を増加させる

  • 眠りが浅くなり、就寝90分後に深い眠りができているとよく分泌される成長ホルモンにマイナスの影響を与える

 

つまり、タバコと同様、全身の健康状態の悪化が、頭皮環境にも影響を及ぼすのです。
適度な飲酒は人によりますが、身体に上記のような負担がかからない分量のこと。
具体的には、ビール1瓶、日本酒にして1合程度であれば、許容範囲と言えるでしょう。

 

ただ、飲むとすぐ顔が赤くなる人は、体質的にアセトアルデヒドの分解能力が低いため、
無理をせずソフトドリンクにしておく方がよいでしょう。

 

…ちなみに管理人はビール一杯で顔が真っ赤になるので、
飲み会がある時は、最初の一杯以外はウーロン茶です(笑

 

まとめ

  • タバコだけで禿げるわけではないが、ニコチンなどの有害物質が頭皮の血行を悪くし、栄養を行き届かなくさせる。
  • 頭皮環境の悪化を招くので、できる限り禁煙するのが望ましい。
  • 飲み過ぎも肝臓に負担をかけ、頭皮によくない影響を及ぼす。
  • 適度な飲酒量(ビール1瓶、日本酒1合程度)を守り、時には休肝日を設けるようにするとよい。

 

管理人おすすめの育毛剤