体臭と薄毛の関係

MENU

体臭や口臭がきついとはげやすい?ニオイとハゲの意外な関係

体臭と薄毛の関係|体臭・口臭がヒドイ人はハゲやすい!?

 

中年男性で気になる「ハゲ」と「ニオイ」。

 

実はこの2つは密接に関係しており、
体臭や口臭がきつい人はハゲやすいのです。

 

どちらも避けたいハゲとニオイですが、
その関係性を知って、対策に役立ててみましょう。

 

薄毛と体臭の関係とは?
まずは、体臭が薄毛とどう関係しているのかを見てみましょう。

 

 

加齢臭は頭皮の環境悪化のサインかも

加齢臭の元は皮脂腺からの分泌物です。

 

この分泌物が酸化されたり、
バクテリアに分解されてできる「ノネナール」と言われる物質が、
加齢臭、いわゆる「おやじ臭さ」の原因となります。

 

つまり、加齢臭がきつくなるということは、
体が酸化されやすく、皮膚の表面でバクテリアが繁殖している証拠です。

 

酸化は毛根の老化の原因となり、頭皮のバクテリアの繁殖は、
頭皮の環境悪化につながります。

 

つまり、「加齢臭が強い」=「薄毛になりやすい」という関係が成り立つのですね。

 

汗がくさい人も要注意

体臭は加齢臭だけが原因ではありません。
汗のにおいにも注意が必要です。

 

普段汗をかく人は、汗腺の状態がよくなり、
サラサラでにおいが少ない汗が出ます。

 

一方で、汗をかく習慣があまりない人では汗腺の機能が弱っているため、
べたつきが強くにおいのきつい汗が出てきやすい状態になっています。

 

また、汗をかかないと毛穴に汚れが溜まりやすくなり、
汗をかいたときにその汚れのにおいが混じって余計に匂いがきつくなります。

 

つまり、くさい汗が出て来るということは、
汗がべたついて毛穴が詰まりやすく、
毛穴の状態も良くない可能性が高いということです。

 

毛穴の汚れやつまりは、毛穴の奥にある毛母細胞への
酸素供給の低下や育毛環境の悪化につながるため、
薄毛の進行要因の一つになります。

 

体臭と薄毛の関係|体臭・口臭がヒドイ人はハゲやすい!?

 

口臭と薄毛の関係とは?

次に口臭と薄毛の関係について見てみましょう。

 

口臭と薄毛には、共通する原因が多く、
口臭が起こりやすい生活をしていると、
薄毛も起こりやすくなってしまいます。

 

食生活の乱れによる口臭とは?

食生活が乱れると、腸内環境の悪化が悪化します。

 

腸内環境の乱れによって、
アンモニアなどの悪臭を持つガスが腸内に溜まってしまうため、
口臭がひどくなる原因となります。

 

また、腸内環境の悪化により悪玉菌が増えてくると、
活性酸素の増加や毛髪成分の産生低下によって、
育毛するための頭皮の環境から遠ざかってしまいます。

 

ストレスによる口臭とは?

ストレスは唾液分泌の低下、
腸内環境の悪化などを介して口臭を引き起こします。

 

他方では、ストレスは頭皮の血行不良や腸内環境の悪化を引き起こし、
薄毛の進行要因になります。

 

また、ストレスに伴う自律神経の乱れも薄毛の進行要因になってしまいます。

 

体臭と薄毛の関係|体臭・口臭がヒドイ人はハゲやすい!?

 

体臭や口臭とハゲの関係【まとめ】

体臭や口臭とハゲがどう関係しているか、理解できたでしょうか?

 

体臭・口臭対策が薄毛対策にもつながることが
この記事でわかっていただけたと思いますが、
口臭や体臭の対策をしておくことは、あなたのイメージも大きく変え、
たとえ薄毛だとしても好感を持ってもらえる可能性を高くしてくれます。

 

体臭や口臭の対策には、いわゆる健康的な生活を行うことが一番です。

 

バランスのとれた食事や規則正しくストレスの少ない生活、
日常の運動習慣など、日常の些細な努力がニオイとハゲの対策になります。

 

今回の記事を参考に、ニオイ対策をばっちりして、「くさいハゲ」を脱却しましょう!