ハゲ・薄毛の為の運動法

MENU

簡単なものから本格的なモノまで!薄毛を防ぐ運動法とは

適度な運動は、血行改善や細胞の新陳代謝を促してくれますので、
薄毛予防・悪化防止の観点から見て、とても大切なポイントとなります。

 

しかし、日々忙しく働いている男性にとって
「毎日30分のウォーキングを」などというのは、
現実問題としてかなりハードルの高い目標です。

 

 

 

ここでは、忙しい男性でも実践しやすい運動法をいくつかご紹介しましょう。

 

最短時間でできる運動と言えばこれ!

「忙しくて、運動に割いている時間はほとんどない」
という人におすすめの運動が、
壁に向かって倒立する「壁倒立」です。

 

倒立姿勢は、たった1分やるだけでも、「重力による、いつもとは逆方向への
筋肉組織等の引っ張り」「倒立時に体を支える時に上半身にかかる力」などで、
かなりの筋トレ効果が得られる、画期的な姿勢です。

 

1日につき、1分×2回、つまり合計2分程度でかまいません。
入浴前などのタイミングで、ぜひやってみましょう。

 

「ラジオ体操+通勤時の歩き方の工夫」も効果的

「いくら短時間で効率がいいと言っても倒立自体が無理」という人は、
「ラジオ体操+通勤時の歩き方の工夫」で、運動不足をカバーしましょう。

 

ラジオ体操は、あらゆる筋肉を様々な形で刺激できるすぐれた体操で、
「男性なら1日5回ラジオ体操をするだけで、1日に必要な運動量をクリアする」
と言われているほどに運動効率がいいのです。

 

しかし、さすがに毎日ラジオ体操を5回もやるのは厳しいので、
ラジオ体操は朝晩の2回にし、足りない分は通勤時の歩行で補いましょう。

 

ただ普通に歩くより、「歩幅を広めにとった上で、普通の歩行速度で2分、
早めの歩行速度で2分」という工夫を加えると、一気に運動効率が上がります。

 

テレビのCM時間を利用した運動

「自宅で、夜はテレビを見てゆったり過ごす」という人は、
そのテレビ鑑賞中のCMタイムを利用して、運動をするのもおすすめです。

 

テレビ番組はいつものように楽しんで、CM時間中は軽いスクワットや、
膝を上になるべく高く上げての足踏み運動をしてみましょう。

 

CMの度にやれば、1時間程度の番組でもトータルではなかなかの運動量になります。

 

まとめ

 

*薄毛予防・悪化防止のために、適度な運動の実践はとても重要

 

*短時間でも効率のいい運動や、スキマ時間を使っての運動がおすすめ
  ・壁倒立を1分×2回
  ・朝晩2回のラジオ体操+通勤時の歩き方の工夫
  ・テレビのCM中にスクワットと足史運動

ハゲ・薄毛に効果的な運動や運動方法は?記事一覧