薄毛改善の為の自炊の見直し

MENU

薄毛改善の為の食生活見直し〜自炊編〜

「節約と健康のために、できるだけ自炊している」
という男性も近年は増加傾向にありますが、

 

「自炊=栄養的に外食等より素晴らしい」とは限りません。
自炊男性が陥りやすい、大きな落とし穴もあるのです。

 

 

自炊している男性にありがちな問題点とは

マイナビニュースによる2012年に実施したライフスタイル調査

 

薄毛改善の為の食生活見直し〜自炊編・メニュー紹介〜

 

「【男性編】自炊しているとありがちなことランキング」によると、
自炊している男性によくありがちな問題としてのトップ5が

1位:揚げ物はつくらない(36.5%)
2位:同じものばかりつくってしまう(19.6%)
3位:丼やワンプレートですます(17.9%)
4位:何日も同じものを食べ続ける(15.8%)
5位:賞味期限が切れる(13.8%)

 

となっています。

 

こうして見ると、2位〜4位までは見事に、
栄養バランスの偏りが懸念される内容となっているのが分かります。

 

毎日のように丼やワンプレートで、しかもメニューも同じものばかりとなれば、
炭水化物や肉類が多く、野菜が少ない食生活になっている可能性は非常に高いと言えます。
これではせっかく自炊していても、「薄毛・ハゲにつながる栄養バランスリスク」は
外食と大差ない状態になってしまいます。

 

レトルトカレーや具のないインスタントラーメンにいたっては、外食やコンビニ弁当より悪いと言わざるを得ません。

 

自炊男性の食生活の工夫ポイント

自炊であっても栄養バランスが偏りがちな
男性の食生活の工夫ポイントとして、まず挙げられるのが

 

「夕食時に野菜の多い汁物メニューをつけ、ご飯の量を減らす」
ということです。

 

 

薄毛改善の為の食生活見直し〜自炊編・メニュー紹介〜 
「そう言われても、野菜の多い汁物メニューを毎回作るのは大変」と思うでしょうが、
白ネギ・にら・きのこ類・もやし・小松菜・ピーマンなどは、
適度な長さ・大きさに切るなどしてそのまま冷凍するだけで、
味噌汁やスープなどの汁物にいつでもパパッと使える食材になります。

 

これらの野菜を買った際
「使い残りそうな分は冷凍する」と習慣づけておきましょう。

 

それが無理なら、既に冷凍されているものや
切った状態で売られているものを使うという手もあります。
ミックスベジタブルなどは何にでも使えて便利です。

 

こうした冷凍野菜を利用し、「白ネギ・にら・里芋を冷凍庫から適量出して、
さらに増えるワカメも加えてみそ汁を作る」というような形にすると、
とても楽に野菜たっぷりの汁物を作ることができます。

 

おかずも兼ねて鍋物にするというのも手間が省けていいですよ。

 

忙しい朝はフルーツでエネルギー補給

朝はぎりぎりまで寝ているために朝食は摂らない、
あるいは菓子パンと牛乳ですますというのも
ビジネスマンにはよくあることです。

 

それでは昼前にはお腹が空いて、
結局ドカ食いランチになってしまいがちですし、栄養も十分に摂れません。
こんな時に便利なのが「フルーツ」です。

 

 

薄毛改善の為の食生活見直し〜自炊編・メニュー紹介〜 
フルーツは消化吸収が早く、
体に負担をかけずにエネルギー源となってくれます。

 

脂肪や塩分の摂り過ぎを防ぎつつ、ビタミンや食物繊維を摂ることもできます。
抗酸化作用が期待できるファイトケミカルも豊富です。

 

バナナやりんご、みかんであれば、切る手間もいりません。
リンゴ・ナシ・イチゴ・みかん・キウイ・パイナップル・マンゴー・バナナ・柿など、
好みのフルーツを常備しておき、朝好きなだけ食べましょう。

 

特に、「肥満体型が気になる」「前日夜は飲み会で飲みすぎ、食べすぎた」
という人にはおすすめです。

 

男性でもできる!栄養豊富な簡単メニュー

最後に、男性の自炊でも作りやすい簡単メニューを、2つご紹介しましょう。

 

メニューその1【野菜と豚肉のオイスターソース炒め】

薄毛改善の為の食生活見直し〜自炊編・メニュー紹介〜

 

材料

小松菜またはチンゲンサイ:1袋
にんじん:小サイズ1本または中サイズ2分の1本
豚肉こま切れ:100〜150g(豚ひき肉でも可)
ごま油(なければサラダ油):大さじ1
オイスターソース:大さじ1
塩・コショウ:少々

 

作り方

@小松菜またはチンゲンサイは、一口サイズに切る。
Aにんじんは皮をむいてから縦半分に切り、そこから薄めに切る「半月切り」にする。
(半月切りが分からなければ薄めの輪切りでもOK)
切ったにんじんはラップに包み、2分加熱。
Bフライパンにごま油またはサラダ油をひいて加熱し、
フライパンが熱くなったら豚肉を入れる。
C豚肉の色が白っぽく変わったら、@とAも入れ、3分ほど炒めてから
オイスターソースをかけて全体になじませ、塩コショウで味を調えたら火を止める。

 

野菜の中でも栄養価が高い小松菜とにんじんが一気に摂れて、
さらに豚肉でたんぱく質も摂れる、特におすすめのメニューです。

 

メニューその2【トマトと丸ごと玉ねぎのスープ】

薄毛改善の為の食生活見直し〜自炊編・メニュー紹介〜

 

材料

トマト:1個
玉ねぎ:1個
コンソメスープの素:1個(顆粒タイプなら小さじ1)
塩・コショウ(できれば黒コショウ):少々
粉チーズ適量またはとろけるスライスチーズ1枚

 

作り方

@玉ねぎは上下を切り落として皮をむき、ラップに包んで皿にのせ、丸ごとレンジで4〜5分加熱。
Aトマトは一口サイズにカット。面倒ならカットトマト缶を使ってもOK。
Bレンジ加熱した玉ねぎおよび、カットしたトマト・水(大きめのマグカップ1杯程度)・
コンソメスープの素を入れ、10分ほど煮る。
Cコショウと塩を少々入れて「少し塩気が足りない程度の味付け」に仕上げ、火を止める。
D粉チーズまたはとろけるスライスチーズを入れ、軽く混ぜれば出来上がり。

 

このスープだけでも、かなりたっぷり野菜が摂れます。
魚や肉の缶詰などとセットで食べるといいでしょう。
このスープを作る際、Cの段階で多少薄味にしておかないと、Dで入れるチーズの塩分で
味が濃くなってしまいますので、その点だけ注意して下さい。

 

薄毛改善の為の食生活見直し【自炊編】まとめ

・自炊していても、男性は栄養バランスが悪い状態になるケースが多い。
・冷凍野菜等の利用で汁物1品を追加したり、朝食に果物を食べるのがおすすめ。