バイオポリリン酸の効果と副作用

MENU

育毛成分【バイオポリリン酸】の効果と副作用

近年では、様々な育毛剤に
新しい成分が含まれるケースが多くなりました。

 

その一つがバイオポリリン酸です。

 

名前を聞いただけでは、どんな作用があるのか分かりませんよね。
こちらではバイオポリリン酸について、効果効能を中心に解説します。

 

育毛剤「ポリピュアEX」
(バイオポリリン酸含有の育毛剤)の利用を考えている方は必見ですよ。

 

 

バイオポリリン酸とは

医学博士による研究によって
「細胞増殖を促進する効果がある」
というのが判明していたのが「ポリリン酸」です。

 

そして、さらなる研究により
「毛乳頭に育毛命令を届ける事のできる物質」として、
日本のみならず、アメリカ・ヨーロッパ各国で特許を取得。

 

その4年後に育毛成分として
新たに開発された成分こそが、「バイオポリリン酸」です。

 

バイオポリリン酸の具体的な期待できる効果とは?

育毛に効果があるとされており、
海外で特許をも取得しているバイオポリリン酸ですが、
一体どんな効果を望む事ができるのでしょうか?

 

保湿作用がある

 

薄毛で悩んでいる人の多くに、頭皮の乾燥が見受けられます。
自分は脂性肌(オイリー肌)だから関係ない、と思わないでください。

 

保湿されていないからこそ、脂性肌になっている人も多いのです。

 

人体は非常によく出来ています。

 

保湿がしっかりとされていれば、皮脂は必要ないと判断して、皮脂腺の活動が弱まります。
一方でお肌が乾燥していると、皮脂腺を活発化して皮脂の分泌量を増やすのです。
その結果、オイリー肌が生まれてしまいます。

 

 

皮脂が多くなると、それを餌とする菌がお肌の上に大量に発生します。
菌が多くなれば、お肌に負担をかけてしまい、炎症を起こしてしまうこともあるのです。

 

バイオポリリン酸の保湿作用について

頭皮の皮脂が酸化してしまうと毛穴が詰まり、
抜け毛が発症してしまい易い状態になってしまいます。

 

そこで浸透性の高く保湿性の高いバイオポリリン酸により、
長時間の保湿を維持する事ができるという仕組みです。

 

一般的なポリリン酸にも保湿作用がありますが、
それよりもより効果が高くなるように改良されています。

 

毛乳頭に刺激を与える

 

バイオポリリン酸には、
毛乳頭に栄養を送りやすくする作用も期待されています。

 

毛乳頭が活性化することで、髪の毛も生えやすくなります。
髪の毛が伸びたり、太くなったり、といったことも期待できるのです。

 

ただ、毛乳頭は深い部分にあるので、
頭皮をしっかりと綺麗にした状態で使わなければ届かない可能性もあります。

 

バイオポリリン酸に副作用はあるのか?

聞き慣れない成分を耳にして気になるのが、
やはり副作用の存在です。

 

果たしてバイオポリリン酸に副作用はあるのでしょうか?

 

刺激が弱い成分なので心配ない

バイオポリリン酸は頭皮と同じ「弱酸性」の性質を持っています。

 

頭皮を痛めることもないので、
頭皮トラブルを起こしてしまうこともありません。

 

新しい成分だと副作用が心配。
という方もいるとは思いますが、バイオポリリン酸は安全です。

 

そんな「バイオポリリン酸」を配合した育毛剤とは

このバイオポリリン酸を含んだ育毛剤というのが、
「薬用ポリピュアEX」です。

 

現在多くの育毛剤が存在するなかでも、
バイオポリリン酸を配合した育毛剤は薬用ポリピュアEXのみ。

 

薬用ポリピュアEXがどういった育毛剤かというと、
数ある育毛剤の中でも代表的な商品の一つで、
モンドセレクションでは数年連続金賞を受賞している実力派です。

 

販売実績もとても長く信頼性はトップクラスです。

 

最近では、リニューアルによりバイオポリリン酸の量が飛躍的にアップ!
以前のポリピュアに比べさらなる効果が期待できるとされています。

 

価格も低価格な為、気軽に試せる育毛剤として人気です。
薬用ポリピュアEXのさらに詳しい情報はコチラ