若ハゲに効果のあるオススメの育毛剤

MENU

総合的に食い止める!若はげ対策に有効な育毛成分とは

 

年を取ってしまってから徐々に髪が薄くなるのは、
ある程度仕方ないと考えることもできますが、
20〜30代で薄くなってくる薄毛はやはり何とかしたいものです。

 

そんな若はげは、どの人にもリスクがあります。

 

また、若はげは1度薄毛が始まってしまうと、
対策をしなければ非常に早く進んでしまうことも多いタイプの薄毛です。

 

将来のためにも、若はげにおすすめの育毛成分について知っておきましょう。

 

 

若ハゲに効果のあるオススメ育毛剤を厳選紹介!

 

IQOS(イクオス)

 

若はげにはどんな育毛剤が効果ある?おすすめランキング

 

低価格・効果の高さ・消費者サポートと
全ての面で優れているのがこの「イクオス」です。

 

若い方の薄毛症状となるとそこまで重症化していない事もあり、
効果の面はもちろんですが価格や消費者サポート等の面も、
育毛剤を選ぶ条件として考えなければなりませんね。

 

イクオスであれば、業界トップクラスの育毛成分に加え、
低価格で全額返金保証などもついていますのでまさにおすすめです。

 

イクオスに配合されている若ハゲに有効な成分

M-034、ペルベチアカナリクラタエキス、スサビノリエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸2k、ジフェンヒドラミン、ジオウエキス、シラカバエキス、ドクダミエキス、オランダカラシエキス、ニンジンエキス、マツエキス

 

IQOS公式サイトをCheck

 

CHAPUP(チャップアップ)

 

 

育毛成分配合数ではイクオスをも凌ぐ「チャップアップ」

 

脱毛抑制、血行促進、保湿効果など、
様々な効能が期待できる非常に豊富な種類の配合成分を有している為、
必然的に若ハゲにもおすすめといえる育毛剤と言えますね。

 

価格面に関しても安価で、さらに全額返金保証は無期限であるため、
1本まるまる使いきったとしても効果を感じれなければ返金して貰えますよ。

 

チャップアップに配合されている若ハゲに有効な成分

M-034、センブリエキス、グリチルリチン酸2k、ジフェンヒドラミン、ジオウエキス、シナノエキス、トウキエキス、ショウキョウエキス、センキュウエキス、ニンジンエキス、ボタンエキス、D-パントテニルアルコール

 

CHAPUP公式サイトをCheck

 

 

薬用ポリピュアEX

 

 

 

こちらも低価格でしられている「ポリピュアEX」

 

どちらかというと、3代から50代くらいの人が使用しているイメージですが、
若者にもしっかりと効果が期待できる成分が配合されています。

 

また、チャップアップ、イクオス同様に、
価格も安く消費者サポートも充実している育毛剤です。

 

 

ポリピュアに配合されている若ハゲに有効な成分

センブリエキス、ニンジン抽出液、ポリリン酸ナトリウム、チョウジエキス、Iーメントール、ユーカリ油、酵母エキス、

 

ポリピュア公式サイトをCheck

 

若はげになってしまう大きな原因は何?

若はげの厳密な定義はありませんが、
一般的には20〜30代から始まる薄毛のことを指すことが多いです。

 

この年代では結婚していない人も多く、
見た目を気にすることの多い年代でもあるため、
中年以降の薄毛に比べ薄毛による精神的な負担は大きくなります。

 

若はげの原因はさまざまですが、
体質的な男性型脱毛症(AGA)に頭皮環境の悪化が影響するケースが多いです。

 

若はげにはどんな育毛剤が効果ある?おすすめランキング

 

20〜30代は、特に頭皮が荒れたり不潔になったりすることも多く、
暴飲暴食などの機会も多い年代になるため、
普段の生活の中には若はげのリスクはたくさん潜んでいます。

 

若はげに有効な育毛成分4選

 

 

若はげに使う育毛剤は、
総合的に頭皮環境を整えてくれるような成分を含むものがおすすめです。
特に若はげの人に注目してほしい育毛成分4つをご紹介します。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸はもともと、
漢方の原料としても知られる甘草(かんぞう)の根に含まれている成分であり、
抗炎症・抗アレルギー効果があることから、肝臓の病気に内服薬として使ったり、
ニキビの治療薬として外用薬として使ったりすることのある成分です。

 

薬として使われる成分でもあるため、しっかりした抗炎症作用が期待されます。
グリチルリチン酸ジカリウムは、かゆみや赤みのある頭皮には非常に有効で、
敏感肌の人にもおすすめしたい成分です。

 

荒れやすい若い人の頭皮にグリチルリチン酸ジカリウムを使って、薄毛を食い止めておきたいですね。

 

カシュウ

カシュウはツルドクダミの根っこから取り出したエキスであり、
毛根の余分な脂を抑制することができます。

 

毛根の余計な油分は毛穴の詰まりのもととなり、結果的に薄毛の原因となります。
従って毛根の油の発生を抑制するカシュウは、
頭皮の皮脂分泌が活発になりやすい若い世代に育毛効果が期待されます。

 

また、薬剤の浸透性も高めてくれる作用があるので、
他の成分との併用も有効だと考えられます。

 

メチオニン

メチオニンは、髪の毛の重要な成分である
ケラチンを作るために重要なアミノ酸の一種です。

 

不規則な食生活を送りやすい若い男性では、
メチオニンが不足しがちであり、育毛剤としてしっかり摂取することも大切です。

 

メチオニンには他にもコレステロールを抑えたり、
アレルギー反応を抑える働きもあり、頭皮環境を整えてくれる作用も期待されます。

 

メチオニンはアルコールを分解する時に使われてしまうため、
お酒をよく飲む人では特に不足しがちになります。
サプリや育毛剤で補充するようにしましょう。

 

Lセリン

Lセリンもアミノ酸の一種で、保湿作用が強く、頭皮の柔軟性や弾力性を高め、
育毛に適した環境を作ってくれる成分です。

 

神経伝達にも関与している物質で、
不足すると統合失調症などの疾患を起こすとも言われており、
ストレス性の薄毛を疑う人にもおすすめです。

 

育毛剤以外にもやっておきたい若はげ対策

若はげは育毛剤だけでなく、総合的に予防・対策していくことが大切です。

 

バランスの取れた食生活

20〜30代は、食生活が荒れがちで、
髪の毛の栄養不足や頭皮の環境悪化が起こりやすいです。

 

そうならないためにも、若はげ対策にはバランスの取れた食生活を送ってもらう必要があります。

 

頭皮を清潔に保つ

若いうちは、頭皮の皮脂が過剰になり、頭皮ニキビができやすく頭皮の環境が荒れやすいです。
しかし、忙しさからついつい短時間の朝シャワーで終わらせてしまうなど、
頭皮が不潔になりやすい生活を送る人が多いです。髪の毛が良く成長する就寝中に、
頭皮環境を清潔に保っておくためにも、夜寝る前にしっかり浴槽につかって頭も洗う習慣をつけておきましょう。

 

深酒に注意

お酒はたしなむ程度ならいいのですが、過剰に摂取してしまうと
メチオニンや亜鉛が不足し、薄毛が進行してしまうことがあります。

 

お酒は控えめにし、お酒を飲むときは、
メチオニンや亜鉛を多く含む魚介類などを多くとることを心がけましょう。

 

若ハゲの原因や対策、おすすめ育毛剤【まとめ】

若はげが起こる原因はさまざまであり、総合的な対処が必要です。
若はげは進行スピードが速いケースも多いため、
その兆候に気付いたら早めに対策しておくことが必要です。

 

バランスの取れた食生活を送り、頭皮の環境を清潔に保つとともに、
総合的に頭皮環境を改善してくれるような育毛成分を含む育毛剤を使うようにしましょう。