自毛植毛って植毛とはどう違う?

MENU

自分の髪を取り戻す!自毛植毛ってどんな治療法?

 

薄毛対策には、食事や生活習慣などささいなものから、
薬やクリニックでの治療など本格的なものまで様々あります。
その中でも、最も確実で即効性のある治療が植毛です。

 

植毛と聞くと、
「髪の毛を植え付けてハゲをごまかす」
というイメージがあるかもしれません。

 

しかし、現在主流になっているのは、
従来の植毛のイメージとは大きく異なる「自毛植毛」です。

 

自毛植毛は、かなり薄毛が進行してしまった人にも効果が期待でき、
植毛に抵抗のあった人にもおすすめできる治療法です。

 

知らずに損をしないよう、薄毛に悩む人は必ず読んでみてください。

 

 

単なる植毛ではない!自毛植毛の特徴について

自毛植毛は、毛が抜けて薄くなってしまった部分に
自分の髪の毛を植毛する技術です。

 

ただし、使うのは抜けた毛ではなく、
毛包と髪の毛を含む頭皮の一部を移植するのが自毛移植の特徴です。

 

つまり、自毛植毛は単なる植毛ではなく、
皮膚移植の技術を使ってハゲを治す治療法です。

 

健康な頭皮と毛根を移植するので、
たとえ移植した毛が抜けてしまっても、
何度も毛が生えて来るという点が、自毛植毛の最大の魅力です。

 

自毛植毛の方法

植毛するなら【自毛植毛】が良い!効果や費用、特徴は?

 

自毛植毛は、医師による診察やカウンセリング、
施術に関する説明を受けてから治療を行います。

 

その後、実際の施術に入っていきますが、
自毛植毛には、健康な頭皮(毛包)を取り出して、
グラフトと呼ぶ移植片を作る過程と、
グラフトを植える過程の二段階からなります。

 

グラフトの作成

グラフトは頭皮のはげた部分に移植するための毛包のことです。
グラフトを作るためには、後頭部や側頭部など、
健康な毛包が残っている頭皮を選び、その一部を切除します。

 

グラフト作成の方法には以下の二つの方法があります。

 

メスを使用する従来の方法

メスを使って頭皮の一部を切除する方法は、
FUT(Follicular Unit Transplantation)
あるいはFUSS(Follicular Unit Strip Surgery)などと呼ばれます。

 

メスを用いて頭皮を切開し、
1p程度の幅を20p程度切り取ることが多いようです。

 

切り取る大きさは、植毛に必要な毛包の数や
切り取る頭皮に存在する毛包の数により変わってきます。

 

メスを使う方法では、
頭皮を切除した後には頭皮を縫合する必要があります。

 

また切除した皮膚はそのまま移植するのではなく、
顕微鏡で毛包ごとに切り分けてグラフトを作成します。

 

メスを使用しない新しい方法

メスを使用しないで毛根を切除する方法は、
FUE(Follicular Unit Extraction)と呼ばれるもので、
毛包単位で頭皮を切除します。

 

グラフトを取る際に使われるのが、
径1o程度の太めの針のような「パンチ」と呼ばれる医療器具です。
これを健康な毛包部分に差し込んでグラフトを採取します。

 

局所麻酔は必要になりますが、
頭皮を広範囲に切除するものではないため、FUEでは縫合の必要はありません。

 

グラフトを移植する

 

摂取したグラフトは、
薄くなった生え際や頭頂部などに植えていきます。

 

植えたい部分にスリットと呼ばれる穴をあけて、
そこに移植するグラフトを1株1株植えていきます。

 

FUT法の中には、
スリットを作らず空気圧を使って植えこむ方法もあるようです。

 

自毛植毛の施術内容・費用・アフターケアについて

 

自毛植毛の施術時間や費用などを見ておきましょう。

 

施術時間

自毛植毛は、基本的に1日で行うことができますが、
診察、グラフト採取、(株分け)、

 

移植でトータル3時間以上はかかります。

 

そのため、少なくとも半日、
場合によっては1日かかることもあります。

 

基本的には入院は必要なく、
日帰りによる施術が可能になっています。

 

自毛植毛にかかる費用

自毛植毛にかかる費用は、植毛が必要な範囲や、
施術方法、クリニックによっても違いますが、
一般的には生え際や頭頂部のみで50万円〜、
全体になると150万円以上かかることもあるようです。

 

術後に気を付けること

施術した次の日には会社に行けると言われていますが、
じわじわ出血をしたりすることもあるようで、安静にすることが大切です。

 

その他、術後の入浴や飲酒、
運動などについても施術方法によって変わってきますので、
必ずクリニックで確認するようにしてください。

 

自毛植毛のメリットは?確実な効果はあるの?

 

自毛植毛は、
ある意味育毛の最終手段として大きなメリットのある治療方法です。
主なメリットは以下の通りです。

 

即効性と確実性

他の育毛法と違い、
自毛植毛ではすでに存在する髪の毛を移植しますので、
育毛にかかる時間は必要ありません。

 

また、その効果の確実性も抜群で、
生着率95%をうたうクリニックも多いです。

 

生着率は、移植した毛がどれくらいの割合生きのびて
髪の毛が生えて来るかという割合になります。

 

つまり、生着率95%であれば、
100本植えたら95本生えて来るということであり、
他の方法に比べ非常に効果が高い治療法になります。

 

長期的な効果が期待できる

自毛植毛では、髪の毛を毛包ごと植毛するため、
移植した髪の毛の成長期が終わり、抜けてしまっても、
再度成長期を迎えて髪の毛が生えてきます。

 

また、移植に使うのは後頭部や側頭部などの毛包であり、
この部位の毛包は男性ホルモンの影響を受けにくく、
AGAによる脱毛の心配が少ないです。

 

その性質は移植をしても変わらないため、
移植した毛包は脱毛しにくいということもメリットです。

 

つまり、自毛植毛はその場しのぎの方法ではなく、
長期的な治療法になり得る医療行為なのです。

 

自分の毛や組織であるため拒絶反応が少ない

昔よく行われていた人工毛移植は、
人工的に作った毛を頭皮に植えるため、
移植による拒絶反応のリスクがありました。

 

しかし、自分の毛を植える自毛移植には、自分の組織を使うため、
拒絶反応のリスクがなく安全性が高い治療法と言えるでしょう。

 

毛根が完全に消失してしまっていても施術可能

ほとんどの育毛法では、AGAが進行してしまったり、
けがややけどによって毛根が完全に消滅してしまった場合には、
治療が不可能であることがほとんどです。

 

しかし、自毛植毛の場合には、
毛包自体を移植して補うことができるため、
頭皮のどこかに健康な毛包があれば、
たとえはげた部位の毛根が完全に消滅してしまっていても効果があります。

 

自毛植毛のデメリットは?痛みや副作用はない?

 

自毛植毛にはメリットがたくさんありますが、
デメリットがないわけではありません。

 

以下のようなデメリットもあるので、
それを踏まえたうえで治療を行うかどうかを判断するようにしましょう。

 

毛根を採取した部位が目立つことがある

自毛植毛を行うためには、
自分の頭皮の一部を切除する必要があります。

 

頭皮からグラフトを採取するために、
髪の毛を刈り上げたり、縫合したりすることがあり、
それらの部位が目立ってしまう可能性があります。

 

最近では、できるだけ目立たないような方法で
グラフト採取ができる方法もあるので、気になる人は相談してみましょう。

 

移植後一時的に毛が抜けやすくなる

移植した毛包は、一時的なダメージから
移植後に抜けやすくなることがあります。

 

せっかく移植したのに、
その移植した髪の毛がどんどん抜けてしまう
ということを経験する人もいるようです。

 

ただし、一時的に抜けたとしても、
ほとんどの毛包からは再度髪の毛が生えてきますので、
焦らず少し待つようにしてください。

 

あまりに抜けてしまって心配であれば、
一度クリニックに相談してみましょう。

 

痛みがある

小さな傷だとしても、
頭皮を傷つけてグラフトを採取しますので、
痛みが出ることもあります。

 

痛みの強さは植毛方法によって異なるので、
カウンセリングの際に確認しておくといいでしょう。

 

費用が高額

自毛植毛で最も問題になるのはその費用です。

 

先ほど紹介した通り、数十万〜数百万の費用が掛かりますが、
自毛植毛は保険が効かないためすべて実費になります。

 

長期的に考えると、
他の育毛法と比べてそれほど高額にはならないかもしれませんが、
施術にはかなりの金額が必要になります。

 

自毛植毛はどんな人におすすめ?【まとめ】

植毛に抵抗があるという人は多いようですが、
自毛植毛は自分の髪の毛を取り戻すという意味では
他の育毛法と何か違いがあるわけではありません。

 

大きな効果が期待できる自毛植毛。

 

費用に余裕があって、
素早く確実に薄毛を改善したいという人は、一度考えてみてくださいね!